全日本コーヒー協会

COFFEE TIMES

世界のコーヒー

世界のコーヒー-World-

2013.09.09

カフェで学ぶコミュニケーション[第3回]ドイツ語 Vol.1

カフェは、ふらっと入ってコーヒーを飲むだけの場にあらず。個性派揃いの店主やケルナー(男性給仕)と言葉を交わすだけで、滞在時間はぐっと彩り豊かになる。お国柄によって異なる、カフェでのコミュニケーションを学んでみよう。

メニューを読み解こう!

メニューはそのカフェの特徴を端的に表すもの。メニューを読み解くことは、お店とのコミュニケーションの始まりだ。 実習現場: アナ・ブルーメ(ドイツ・ベルリン) ※「会話でカフェを楽しもう!」はこちら

■ ドリンクメニュー

1: Kaffee mit Alkohol アルコール入りのコーヒー:夏でも肌寒いドイツ。アルコール入りのコーヒーを出す店も多い。アイリッシュ・コーヒーなどのほか「黒い森のケーキ」からイメージしたフルーツリキュール入り"Schwarzwaldkaffe(黒い森のコーヒー)"も。
2: Schokoladen チョコレート:コーヒーのほか"Heiße Schokolade(ホットチョコレート)"や大麦のカフェインレスコーヒー"Caro-Kaffee(カロカフェ)"もよく見かける。ココア味の麦芽飲料"Ovaltine(オバルチン)"などもあり。 3: Kaffee コーヒー:ドリップコーヒーと泡立てたミルクを入れた"Milchkaffee(ミルヒカフェ)"はドイツの定番! エスプレッソやカプチーノ、コンデンスミルクを入れたコルタドなども。エスプレッソに泡ミルクと生クリームを入れたウィーン風カプチーノは旧東ドイツ地区で「カプチーノ」として出されることも。

■ フードメニュー

4: Tageskarte 本日のメニュー:スープやサラダ、クレープやキッシュなど、ドイツではカフェでも食事できる店が多い。適度にボリュームもあり、日本人なら普通のレストランより食事しやすいかも? 5: Kuchen ケーキ:ケーキはメニューに載っていないことが多い。店内の黒板かショーケース内を見て選ぶ。初夏にはルバーブ、夏にはベリーやアプリコットなど旬の果物が使われる。
6: Frühstück 朝食:ベルリン名物のカフェご飯といえば"朝食"! とはいっても、アナ・ブルーメでは17時まで、店によってはいつでも注文できる。定番はパンにハム、チーズの盛り合わせや"Bircher Müsli(ビルヒャー・ミューズリー・写真左)"。人気は、豪華な3段重ねの"Frühstücksetagere(フリューシュトゥックス・エタジェーレ・写真右)"。
Anna Blume アナ・ブルーメ 2004年にオープンした花屋を併設したカフェ。緑があふれるテラス席は天気がいい日はいつも満席。店内のショーケースに常時15種類以上が並ぶケーキは、隣接のケーキ工房で作られるもの。どっしりしたドイツ風ケーキはコーヒーによく合って人気が高い。深夜まで営業しているのも、ナイトライフが充実しているベルリンならではだ。
Kollwitzstr. 83 10435 Berlin Tel +49(30)44048749 www.cafe-anna-blume.de
文・河内秀子 / 写真・Gianni Plescia 更新日:2013/09/9