Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム > 大河ドラマ「西郷どん」に出演の西郷真悠子さん

コーヒー・ワンダーランド

大河ドラマ「西郷どん」に出演の西郷真悠子さん

集中したい時は、いつもコーヒー。

西郷隆盛の弟で、明治時代の政治家として活躍した西郷従道の子孫に当たる西郷真悠子さん。大河ドラマ「西郷どん」に、従道の娘、桜子役で出演しています。現役の大学生でもある西郷さんのコーヒーライフとは……。

大学の近くにある喫茶店にもよく行っている。「カフェオレやクロックムッシュが美味しくて。マスターとのおしゃべりも楽しいんです」

「舞台に上がる前にはいつもコーヒーを飲んで、気分をシャキッとさせます」
と話すのは、西郷隆盛の弟、(西郷)従道の子孫である西郷真悠子さん。現在、日本大学芸術学部で舞台芸術を学びながら、俳優としても活動している。
「舞台稽古の時も合間にコーヒーを飲むと集中力がすごく高まります。コーヒーはまず香りに癒されるのが大好きなのですが、舞台の時にはさらに活力をもらっている感じですね」
 コーヒーを飲み始めたのは小学生の頃。両親や祖父母もコーヒー好き。
「祖父母はコーヒーミルも持っていました。家にはインスタントコーヒーもコーヒーメーカーも、ドリッパーもあって、お正月など親戚が集まる時には必ずみんなで飲んでいました」

大河ドラマ以来、鹿児島が身近な存在に。

 大学の仲間たちと授業の後に集まるのも、カフェや喫茶店が中心だ。
「Wi-Fi環境が整っているお店で、コーヒーを飲みながらパソコンで宿題やSNSをする友達も多いですね」
 東京生まれの東京育ちだが、大河ドラマの出演以降、鹿児島に関連する行事や催し物に関わる機会が増えている。
「地元の方々と直接、お話をして、未だに西郷のことを慕ってくださっていることを肌で感じます。皆さんとても温かく迎え入れてくださって、本当にありがたいことだと思っています。今は鹿児島がぐっと身近になりました」
 夢は、ミュージカル俳優。海外の舞台もたくさん観に行きたいという。
「昔の文献では、ロンドンの劇場では幕間に必ずコーヒーとアイスクリームが売られていたそうなのです。いつかそれを経験してみたいと思っています」


大河ドラマ「西郷どん」

©NHK

「勇気と実行力」で時代を切り開く、愛に溢れたリーダー西郷隆盛の物語。ドラマでは、極貧の少年時代から2度の島流し、3度の結婚を経て、類まれな「勇気と実行力」で徳川幕府を転覆させ、維新を成し遂げるが、最期に明治新政府と戦い命を散らすまでが描かれる。西郷さんが演じるのは、主人公・西郷隆盛の弟、西郷従道の娘・桜子。

毎週日曜午後8:00
NHK総合ほかで放送中

『西郷どん』の著者、林真理子さんと……。

写真提供:株式会社KADOKAWA

『西郷どん』のサイン会で林さんに出会ったことがきっかけで、大河ドラマのオーディションを受けることになった西郷さん。写真は埼玉県で開催された林さんとのトークショーにて。

日本発のミュージカルを、作ってみたい。

©SeirenMusicalProject

西郷さんは小学校2年生の時、舞台「レ・ミゼラブル」を見てミュージカル俳優になりたいと思ったという。現在もその夢に一歩一歩、近づいている。早稲田大学ミュージカルサークルの「メンフィス」では、ヒロインのフェリシア役を務めた。

鹿児島県の人たちとの、温かいふれあい。

ドラマ出演以降、鹿児島県との関わりが増えている。写真は今年、行われた「渋谷・おはら祭り」の様子。鹿児島中央高校の連のはっぴを着て参加した。「鹿児島にも次々と新しい友達ができて、嬉しい限りです」

協力/カフェ・ド・トレボン(TEL.03-3958-9201)

文 牧野容子/写真 大河内禎
更新日:2018/08/23



  • ラブドリ
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会