Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム > コーヒー海外事情 > カフェで学ぶコミュニケーション[第4回]スペイン語 Vol.1

コーヒー海外事情

カフェで学ぶコミュニケーション [第4回] スペイン語 Vol.1

カフェは、ふらっと入ってコーヒーを飲むだけの場にあらず。個性派揃いの店主やホールスタッフと言葉を交わすだけで、滞在時間はぐっと彩り豊かになる。お国柄によって異なる、カフェでのコミュニケーションを学んでみよう。

メニューを読み解こう!

メニューはそのカフェの特徴を端的に表すもの。メニューを読み解くことは、お店とのコミュニケーションの始まりだ。

実習現場:
アルスール・カフェ(スペイン・バルセロナ)

※「会話でカフェを楽しもう!」はこちら

■ ドリンクメニュー

※クリックで拡大します。

1: Cafés
コーヒー:エスプレッソが“Café solo(カフェ・ソロ)”、エスプレッソのミルク入りは“Cortado(コルタド)”、カフェオレは“Café con leche(カフェ・コン・レチェ)”。

2: Chocolate
チョコレート:スプーンで頂く濃厚なホットチョコレート。“artesanal(アルテサナル)”は、手作りや職人技の意味。“suizo(スイソ)”は、生クリームがたっぷりのって来る。

3: Infusiones artesanales
ハーブティー:“Frutas del bosque(フルタス・デル・ボスケ)”はベリー類のお茶。“Manzanilla(マンサニーリャ)”はカモミール。リラックス効果があり就寝前によく飲まれる。

4: Tés
お茶:最近では、コーヒーだけでなく、お茶“Tés (テス)”のメニューが豊富なカフェも増えて来た。このように、紅茶“negro(ネグロ)”、緑茶“verde(ベルデ)”、白茶“blanco(ブランコ)”、などと分類されていることが多い。“Té rooibos(ルイボス・ティー)”も人気だ。

■ フードメニュー

※クリックで拡大します。

5: Tapas
タパス:おつまみ。“Pan con tomate(パン・コン・トマテ)”は、スライスしたフランスパンにトマトをすりつけて、オリーブオイルと塩をかけるカタルーニャ地方では欠かせないメニュー。

6: Especialidades
当店自慢料理:“Tempura de atún(テンプラ・デ・アトゥン)”「マグロの天ぷら」といった、その店ならではのオリジナル料理が並ぶので、注文に迷った時はここから頼むのがおすすめだ。

※クリックで拡大します。

7: Dulces
スイーツ:スペインを代表するお菓子“Flan(フラン)”は、日本で言うプリンのこと。多くのレストランが自家製プリンをデザートに用意している。“Flan de queso(フラン・デ・ケソ)”は、チーズプリンだ。

8: Tartas
ケーキ:“Tarta de queso(タルタ・デ・ケソ)”はチーズケーキ、“Tarta de zanahoria(タルタ・デ・サナオリア/上写真下段)”は、ニンジンケーキだ。カップケーキ(上写真上段)は、近年バルセロナでも流行中。

alsur café
アルスール・カフェ

バルセロナの観光客に人気のボルン地区にあるため、国際色豊かな客層で観光客も入りやすい。広場に面しているので、テラス席も広く快適だ。平日のお昼にはお得なランチセットもあり、1ユーロ追加でワンドリンクとデザートと食後のコーヒーがついて来る。日曜日も開いているので、のんびりとブランチするのもおすすめだ。

Plaça de San Cugat, 1, 08003 Barcelona
Tel 34-931-82-54-07 http://www.alsurcafe.com

写真・文/森本徹
更新日:2013/10/23



  • ラブドリ
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会