Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

コーヒーと私

鶴見辰吾【俳優】

仕事と私とコーヒーと。 Vol.15
鶴見辰吾【俳優】

中学生でデビューして以来、40年以上第一線を走り続ける鶴見辰吾さん。毎日の生活に欠かせないコーヒーについて、あれこれと語っていただきました。

 俳優の1日は朝のコーヒーで始まる。
「毎朝、妻がペーパーフィルターやドリップケトルを使って、1杯いれてくれます。仕事の撮影現場には〝お茶場〟と呼ばれる憩いの場があり、差し入れのお菓子や飲み物が用意されているのですが、ここで撮影の合間にコーヒーを飲みながら、共演の人たちと雑談したり、アイディアを出し合ったり。そんなふうに、1日のうちに必ず何度かコーヒーの時間があります」

コーヒーの芳醇な香りに、本能的な安らぎを感じる。

Illustration by takayuki ryujin

 コーヒーは嗜好品としてだけでなく、その効能にも信頼を寄せている。
「台詞を覚える時や、次の撮影に入る前などにコーヒーを飲むと、気持ちの切り替えが効いて集中力がより高まる気がします。味も好きですが、まずはやっぱり香りに心が惹かれます。フランス料理では、食後に楽しむ4つのCと呼ばれる嗜好品があり、それはコニャックとシガール(葉巻)とチョコレート、そしてコーヒーです。どれも芳醇な香りが魅力ですね。思うに、もしかしたらそれは人間が火を使うようになってから本能的に蓄積された、安らぎを感じる香りなのではないかと。コーヒーもその最たるもので、コーヒーをたしなむのは、音楽や文学や演劇などさまざまなクリエイティビティを刺激するような、非常に大切なことなのではないかと思います」

スタイリング/井嶋一雄(ニット:TOMORROWLAND、パンツ:PT01、靴:IL MOCASSINO)
協力/La Bitta(TEL.050・5593・1117)

 40歳を目前に、一つの転機があった。
「ゴルフ練習場にいくのにクルマから自転車にして、クルマが入れない狭い道を走るようになったら、小さな発見の連続でした。この道はあの道に繋がっていたのか、とか、こんなところにカフェがあったんだ、とか。地理がわかってくるとさらに面白くなって、ゴルフよりも自転車で20キロ、30キロ走るのが楽しくなったのです」
 好きが高じて高速走行が可能なロードバイクに乗り換えると、1日100キロ走るのが普通になり、国内外のレースに参加するようにもなっていった。
「若い頃は、山道を自転車で走っている人を見るとただ、『変わってるなぁ』と。まさか、自分が40歳を過ぎて自転車で箱根の山を上るような変なおじさんになるとは、夢にも思わなかったですね。でも、そういう、自分の意外性がとても面白かったんです。意外性は、可能性でもあるんですね。以前は否定的に捉えていたことを楽しく感じられるのは、人間が豊かになっているということ。それは、人生の希望につながっていきます」
 50代からはマラソン。フルマラソン初挑戦で3時間台のタイムを記録した。
「自転車で200キロのレースに出ていた頃、今ならやれるかなとチャレンジしてみたのが始まりでした。以前は、何を好き好んで40キロも走るんだろうって思っていたのに(笑)。自分にフルマラソンを走る体力があることを確認できると、何かあったら歩けばいい、自分の足がある、というとてもポジティブな思考になってきます。さらに、自転車やランニングのもう一つの魅力は、街の匂いがわかること。風や花の香りで、あ、春が来たなと感じたり、すごくいい香りがしてきたと思ったら近くにカフェがあったりして、思わずコーヒーブレイクしたり。それは走っている時のご褒美ですね」

文 牧野容子 / 写真 平岩享
更新日:2019/04/25

Profile

鶴見辰吾(つるみ・しんご)
1964年東京都生まれ。77年、俳優デビュー。『3年B組金八先生』の主要な生徒役で注目を浴び、その後もテレビ、映画、舞台で幅広く活躍。自転車では多くのレースで入賞するほどの実力派で、2007年、自転車活用推進研究会が任命する「二代目自転車名人」に就任。16年、51歳で参加した横浜マラソンで3時間9分27秒の初公式記録で完走した。
鶴見辰吾【俳優】


  • 環境自主行動計画
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会