Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム > インタビュー「コーヒーと私」 > coba【アコーディオニスト】

コーヒーと私

coba【アコーディオニスト】

イタリア留学が、コーヒー人生の出発点。
coba【アコーディオニスト】

 18歳でイタリアに留学し、ヴェネツィアの音楽院に4年間通いました。このときの経験が、今の僕の人生のベースになっています。コーヒー、ワイン、料理、陶器、建築……興味があるものは、すべてイタリアに行って好きになったものです。

 コーヒーはとにかく1日中飲んでいます。スタジオでレコーディングをするときなど、水のようにがぶがぶと飲むのは薄いタイプのコーヒーですが、ここ一番、うまいコーヒーを飲みたいときにはやっぱりエスプレッソです。夕食の後にはエスプレッソにグラッパ(ブランデーの一種)やリキュールを入れたカフェ・コレットがいいですね。サンブーカというアニス(セリ科の植物)を使ったアマーロ(リキュール)を入れると、甘みと苦みの絶妙な共演を愉しむことができます。

 以前、エスプレッソ・マシンの老舗メーカーの社長とお話ししたときのことです。僕が、日本ではコーヒーは嗜好品だと考える人が多いですと言うと、彼が急に怒り出し、「嗜好品だと? ふざけるな、イタリア人はコーヒーがなかったら死んじゃうんだよ」と言うのです。これこそイタリア的感覚。彼らにとってコーヒーは、音楽やアートと同様に人生に欠かせないもの。生活サイクルの一部なのです。

イタリア人の気性は、コーヒーの味わいにも似て。

Illustration by takayuki ryujin

 留学時代の最初の1年間は、カルチャーショックの連続でした。イタリアの人たちは自分の気持ちにとても正直に生きています。僕は日本にいるときに、親からは、自分の主張をする前にまず人のことを考えなさいと教えられて育ちました。でもイタリアではそれは通用しなかった。自分から動かないと他の人間は何もしてくれない、ということを痛感させられました。

 自分を抑えず、生きたいように生きるイタリアの人たちは、一見、わがままにも思えます。でも、彼らは基本的に人に対する好奇心が旺盛で、他人をリスペクト(尊敬)する気持ちをもっています。自分の欲望にわがままになった分だけ、他の人も大切にする。これで社会のバランスがとられているのです。ちょうどコーヒーの苦みと甘みのバランスのようなものですね(笑)。

 僕が通っていた音楽院のすぐ近くにバールがあり、そこでよくコーヒーを飲みながらピンボールで遊びました。毎日のように通ううち、僕はピンボールの無敵の王者になっていました。昼休みにバールに行き、ピンボールに熱中しすぎて授業に戻るのを忘れ、校長先生に連れ戻されて怒られたこともありました(笑)。その校長先生は僕のもう一人のお父さんで、アーティストデビューをしてからも僕が会いにいくのを楽しみにしてくれています。僕も、成長した姿を見てもらいたくて、ヨーロッパツアーのたびにヴェネツィアまで必ず足を延ばします。

文・牧野容子 / 写真・平岩亨
更新日:2014/06/27

Profile

『coba ピュア アコーディオン』
日本コロムビア ¥3,024(税込)

意外にも、coba自身初となる独奏アルバム。ライブで絶大な人気を博してきたアストル・ピアソラの「リベルタンゴ」の初収録をはじめ、ダイハツ・ムーヴのCMで話題を呼んだ「過ぎ去りし永遠の日々」のセルフカバーなどのラインナップ。アコーディオンという楽器のイメージを変えた男の飽くなき挑戦が、ピュアでポップな新しいサウンドを誕生させた。

『coba ピュア アコーディオン』
Profile

coba(コバ)
3歳から音感教育で音楽に接する。イタリア・ヴェネツィアのルチアーノ・ファンチェルリ音楽院アコーディオン科を首席で卒業。1995年~97年、ビョークのワールドツアーに参加。2006年、イタリアにて、世界で最も活躍するアーティストに贈られる「voce d’oro~金のリード賞~」を受賞。

撮影協力:FJ’s(☎03-3760-2825)

coba【アコーディオニスト】


  • ラブドリ
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会