コーヒー・ワンダーランド

BOOK

一杯のコーヒーに、名探偵の美学が宿る。
「タフでなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない」私立探偵フィリップ・マーロウのこのセリフに聞きおぼえのある人は多いだろう。

コーヒー歴史トリビア・クイズ
いまや世界中の人々に愛されているコーヒー。ドラマに満ちたその歴史には多くの謎が残されている。クイズ形式のコーヒー歴史トリビア、第7回はアメリカが舞台です。

コーヒーの湯気が導く、不思議な時間旅行。
もしも過去に戻れるとしたら、いつに戻るか。何をしたいか。もしも未来に行けるとしたら、何が知りたいか。今のところ、時間旅行は、はてしない空想の旅だ。憧れの人への告白、転職や起業。もしあのとき、決断していたら? 

ヘミングウェイが愛したコーヒー。
お酒にまつわるエピソードが数多く知られるヘミングウェイだが、コーヒーとの関わりはあまり語られてこなかった。しかし、コーヒーはいつも文豪の傍にあった。

明晰な推理を陰で支える、コーヒーの存在。
〝理系作家〟と呼ばれる森博嗣は、小説家としてデビューした当時、ある国立大学工学部の助教授だった。



  • 環境自主行動計画
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会