ホーム > コーヒー図書館 > コーヒーのおいしいいれ方

コーヒー図書館

コーヒーのおいしいいれ方

ネル・ドリップ式

ネルのこし袋に粉を入れ、上から湯を注いでコーヒー液を抽出する方法で、コクのあるおいしいコーヒーがたてられます。

(1)ネルは水でよく洗ってから、よく絞って水気をとる。(新品のネルは、煮沸して布についたノリ気を完全にとる。)
(2)ネルをポットにセットし、定量分の粉(1人分10~13g)を入れる。
(3)沸騰した湯を少し落ち着かせてから、粉全体にゆきわたらせるように、少しずつゆっくりと注ぎ、蒸らす。
(4)2分半~3分で終わらせるよう、5~6回に分けて注ぐ。

ワンポイント

抽出を終えたネル袋は、洗剤を使わずによく水洗いし、袋全体を水に浸して冷蔵庫で保管します。これは、乾燥すると布に付着しているコーヒーの脂肪分が酸化して悪臭を放ってくるのを防ぐためです。



  • ラブドリ
  • 10月1日はコーヒーの日
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会