ホーム > インタビュー「コーヒーと私」 > 大林素子【女子バレーボール元日本代表】

コーヒーと私

大林素子【女子バレーボール元日本代表】

本場イタリアでエスプレッソに開眼。
大林素子【女子バレーボール元日本代表】

日本女子バレーボール界のエースアタッカーとして活躍した大林さん。プロ選手第一号として渡ったイタリアで、コーヒーとの新しい出合いが。

 コーヒーの思い出というと、真っ先に頭に浮かぶのは、イタリアで出合ったエスプレッソのことです。日本のバレーボール界第一号のプロ契約選手として、私がイタリアに渡ったのは今から約20年前。その頃は、日本ではまだ今のように街のカフェが充実している時代ではありません。私はもともとコーヒーが大好きで、レギュラーコーヒーでもインスタントコーヒーでも、とにかくブラックをホットでよく飲んでいましたが、本格的なエスプレッソコーヒーは未経験のまま、イタリアに行くことになったのです。

 チームの本拠地は、イタリア中部のアドリア海沿岸にあるアンコーナという街。チームメイトとカフェに行くとみんなエスプレッソを飲んでいたので、私も頼んでみました。初めて飲んだときの衝撃は、今も忘れられません。なんだろう、この味は……ただ濃いというのではなくて、凝縮された甘みや旨味を感じるような……そんな驚きで頭の中がいっぱいになって、最初からすっかりその味わいに魅了されてしまったのです。

 以来、イタリアにいる間はいつもエスプレッソ。試合で遠征する際にバスが出る広場のカフェや、チームメイトとよく集まって作戦会議をしたりするレストラン・バルでも、いつもエスプレッソ・ドッピオ(=2ショット分のエスプレッソ)を注文していました。じつはエスプレッソ・ドッピオを飲む人は現地でも珍しかったらしく、私がよく大きなカップで飲んでいると、〝え、モトコはいったい何を飲んでいるの?〟と、チーム内で驚かれたこともあったんですよ(笑)。

 おかげで日本に帰国してからも、エスプレッソを出すお店に行くと頼むことが多くなりました。ただ、アンコーナで飲んだものと同じ味に出合えることは、正直、なかなかなくて……やっぱりあの美味しさは、あの土地ならではの気候やお水の味などに、とても合っているものなんだろうと思います。

 ほかにイタリアで大好きになったのは、ポルチーニ茸のリゾットとティラミスです。コーヒーにもよく合うティラミスはお店の人に作り方を教えてもらい、帰国後、所属していた東洋紡のチームメイトのために大きな保存容器2ケース分くらい作ったこともありましたが、卵白を泡立ててメレンゲにするのに頑張りすぎて、危うく腱鞘炎になりかけてしまって(笑)、それからは、しばらく控えるようにしました。

“特攻の母”トメさんの役に、ずっと挑戦し続けたい。

「舞台稽古の合間にもコーヒー。イタリア生活を経て、さらに飲む回数が増えました」と大林さん。

 現役時代にはバレーボール日本代表として、ソウル(88年)、バルセロナ(92年)、アトランタ(96年)と、3度のオリンピックを経験しました。引退後はバレーボール中継の解説やバレーボール協会の仕事をする一方、女優やタレントとしての活動も続けています。じつは私、子供の頃から歌手や女優さんになるのが夢だったんです。

女優の仕事の中でも特攻兵を送り出す旅館のお母さんの役を演じている『MOTHER マザー~特攻の母 鳥濱トメ物語~』は2009年から続けている舞台で、今年の10月で9年目を迎えます。実在の人物を演じる難しさと同時に、年々、やりがいも強く感じています。平和な世の中を守るためにはどうしたらいいのか、この作品を通して考えていただくきっかけになればいいなと。特に、高校生などたくさんの若い方たちに観ていただきたいですね。

文・牧野容子 / 写真・大河内禎
更新日:2017/08/10

Profile

大林素子(おおばやし・もとこ)
中学1年生からバレーボールを始め、名門、八王子実践高校に進学。1986年日立入社。95年にイタリア、セリエA・アンコーナに所属、日本人初のプロ選手となる。帰国後、東洋紡オーキスに所属、97年に引退。現在は日本スポーツマスターズ委員会シンボルメンバー、JVA(日本バレーボール協会)テクニカル委員としても活躍中。舞台『MOTHER マザー~特攻の母 鳥濱トメ物語~』(主演・鳥濱トメ役)は10月5日~9日、新国立劇場小劇場で上演。

協力/POMPETTE(TEL.03-6409-6816)  www.pompette.jp

大林素子【女子バドミントン元日本代表】


  • ラブドリ
  • 10月1日はコーヒーの日
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会