ホーム > 地球人のコーヒーブレイク > Vol.46 イタリア・シエナ市在住 フランチェスコ・マルティーニさん

地球人のコーヒーブレイク

イタリア・シエナ市在住 フランチェスコ・マルティーニさん

コーヒーは世界の友達。地球上の至るところで味わい、楽しまれている飲み物です。全日本コーヒー協会では、各国の“コーヒー大好きピープル”たちに現地取材。“地球人のコーヒーブレイク”を紹介します。

美味しいコーヒーをいれる極意、5つの“M”とは?
Vol.46 イタリア・シエナ市在住 フランチェスコ・マルティーニさん

Francesco Martini(フランチェスコ・マルティーニさん 写真左)
職業:カフェ経営、コーヒー焙煎業
1972年/マッサ・マリッティマ生まれ

 イタリア中部の都市シエナ。城壁に囲まれた街は、かつて欧州北部からローマへの巡礼ルートとして繁栄を極めた。バール“カフェ・フィオレッラ”は、中世の街道沿いにある。間口は狭く、営業時間以外は通りすぎてしまうほど、さり気ない店である。にもかかわらず、日中は立錐の余地もないほどのお客さんで埋め尽くされる。店主のフランチェスコ・マルティーニさんがスタンド式カフェを始めたのは14年前のことだ。「僕はコーヒー焙煎屋の息子。子供のころから豆の香りに包まれて育ったんです」。仲睦まじくカウンターに立つのは夫人のフェデリカさんだ。なんと彼女の実家も別の町でカフェを営んでいるという。コーヒーという共通項が二人をしっかりと結びつけている。

店名の“フィオレッラ”はオーナーの母親の名を冠したもの  狭い店内にもかかわらず、お客さんが途絶えることがない

 店内の広さは20㎡に過ぎないが、お客さんの流れは実にスムーズだ。それを助けているのはイタリア人独特のコーヒーの味わい方である。入店、注文、カップを受け取る、砂糖を入れる、グッと飲み干す、会計ついでに店主と軽く会話、そして退出。これらをわずか3分程度で済ます。「オーナーは私の顔を見た瞬間に、もうマシンに手をかけているのよ」と常連の女性客は笑う。タッチ&ゴーで飲み干す一杯。店と客の間で交わされる“あ・うんの呼吸”がイタリア式バールを支えている。店主フランチェスコさんに話を戻せば、別に所有する工房で焙煎も手がけている。アラビカ80%にロブスタ20%を加えたオリジナルブレンドは、今や店の人気商品になった。

豆の販売コーナー。一番人気は店のオリジナルブレンド  カカオとミルク入りの「マロッキーノ」。1.20ユーロ

 最後に彼は、古くからイタリアに伝わる、美味しいコーヒーをいれる極意を教えてくれた。Macinatura (挽き加減)、Miscela(ブレンド)、Macchina(マシン)、Manutenzione(メンテナンス) そしてMano(手作業)である。フランチェスコさんは5つの“M”を胸に刻み、今日も絶妙なリズムとともに、お客さんに最高の1杯を届けている。

1euro(ユーロ))=約142円(2014年3月現在)
写真・文=大矢麻里(文)、大矢アキオ(写真) シエナ市在住
更新日:2014/04/15



  • ラブドリ
  • 10月1日はコーヒーの日
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会