Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム > 地球人のコーヒーブレイク > Vol.38 ベルギー・ブリュッセル市在住 マリー・ヘレーネ・キャロワットさん(母)、ハロルド・アンシオさん(息子)

地球人のコーヒーブレイク

ベルギー・ブリュッセル市在住 マリー・ヘレーネ・キャロワットさん(母)、ハロルド・アンシオさん(息子)
コーヒーは世界の友達。地球上の至るところで味わい、楽しまれている飲み物です。全日本コーヒー協会では、各国の“コーヒー大好きピープル”たちに現地取材。“地球人のコーヒーブレイク”を紹介します。

母と息子の二人三脚で提供する、極上のコーヒー。
Vol.38 ベルギー・ブリュッセル市在住
マリー・ヘレーネ・キャロワットさん(母)、
ハロルド・アンシオさん(息子)

Marie-Hélène Callewaert(マリー・ヘレーネ・キャロワット)
Harold Anciaux(ハロルド・アンシオ)
職業:カフェ・ショップ経営
マリー1955年/ベルギー・ブリュッセル生まれ、
ハロルド1989年/ベルギー・ナミュール生まれ

 創業1850年のハーブ店。それがコーヒー店「コリカ」の前身だ。マリー・ヘレーネ・キャロワートさんと息子のハロルド・アンシオさんが経営するこの店は、ブリュッセルで本格的なコーヒーを扱う数少ない専門店として根強い人気を博している。
 この店で売られるコーヒーは、19の原産国の27種類。自家焙煎コーヒーの販売店とコーヒースタンドが一緒になった店内は、いつも混み合っている。

 「ヨーロッパのコーヒー交易の拠点アントワープ港がこんなに近いのに、ブリュッセルではコーヒーに対する意識がまだまだ低い。一流のレストランですら、平気で品質のあまりよくないコーヒーをサーブしている。私たちは、そんな現状を少しずつでも変えていければと思っています」と息子のハロルドさんは言う。それを受けて、マリー・ヘレーネさんが優しい口調でこう続けた。「息子は焙煎に専念し、私は店を切り盛りしています。毎日足を運んでくれる常連のお客さんに、美味しい一杯のコーヒーをお出しすることに、私は幸せを感じています」。

独特の風味のコピ・ルアクは、1杯9ユーロ  テイクアウトもできるので、観光客にも人気が高い

 コーヒー果実を食べた野生のジャコウネコの糞からとる豆「コピ・ルアク」も、この店の売りのひとつだ。「ジャコウネコを飼育している農場もあるが、野生のものとは味が断然異なる。そんな厳選したコピ・ルアクを自家焙煎している店は、ブリュッセルではうちだけかもしれない」とハロルドさん。

各国旗がついたコーヒーがずらりと並ぶカウンター

 正面の黒板に書かれたたくさんの銘柄を見ながら、「今日は何を試してみようか」と悩むビジネスマンの姿も見られる。この店の常連さんは、一杯のコーヒーを満喫することを日課とする人たちなのだ。

*1ユーロ=約119円(2013年11月現在)
写真・文=ユイ・キヨミ
アムステルダム市在住
更新日:2013/11/15



  • ラブドリ
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会