Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム > 地球人のコーヒーブレイク > Vol.33 ベトナム・ホーチミン市在住 ジャップ・ホアンさん、ティブ・ホアンさん姉妹

地球人のコーヒーブレイク

ベトナム・ホーチミン市在住 ジャップ・ホアンさん、ティブ・ホアンさん姉妹

コーヒーは世界の友達。地球上の至るところで味わい、楽しまれている飲み物です。全日本コーヒー協会では、各国の“コーヒー大好きピープル”たちに現地取材。“地球人のコーヒーブレイク”を紹介します。

おしゃれな人たちの隠れ家カフェ“ルージン”。
Vol.33 ベトナム・ホーチミン市在住 ジャップ・ホアンさん、ティブ・ホアンさん姉妹

Jap Hoang(ジャップ・ホアン 写真左)
Tib Hoang(ティブ・ホアン 写真右)
職業:カフェ&ショップ経営
ジャップ1977年、ティブ1973年/カナダ生まれ

 ジャップさんとティブさん姉妹は、カナダ生まれの越僑(えっきょう:外国在住のベトナム人の意)で、2004年にベトナムに帰国。家族や友達と一緒に、「これまでのベトナムにない特別な店を」と2009年に始めたのが、フレンチカフェスタイルの“ルージン”だ。いまや、おしゃれなベトナム人や在住外国人でいつもにぎわっている。
「いい場所を求めて、いつもアンテナを張っていたの。ここ、とってもいいでしょう? みんなが大好きなドンコイ通りだし、フランス植民地時代のコロニアルなアパートを3軒分借りたのよ」とジャップさん。

 ドンコイ通りは有名ブランドショップやおしゃれなカフェが連なり、緑豊かで美しいエリア。“ルージン”は、その通りから少し入った驚くほど狭い路地の中にある。カフェを見つけるのも至難の業だ。
 しかし、ジャップさんは、「そこが魅力なの!ここは隠れ家みたいで、みんなの秘密の場所なの」と笑う。

カフェラテは6,5000vnd、カップケーキは55,000vnd ベトナムのカフェでサービスされるのはほとんどがベトナムコーヒーだが、“ルージン”がメインで出しているコーヒーは、イタリアで有名な大手コーヒーブランド。店内にはコーヒーのいい香りが漂っている。エスプレッソやカフェラテで楽しむお客さんも多いし、ベトナムでは珍しいノンカフェインコーヒーも置いてある。ベトナムにいながら、ヨーロッパの香りと味を楽しめるメニューもこのカフェの魅力に違いない。

“ルージン”はフランス語で「工場」という意味で、この店のインテリアは1930年代のフランスの縫製工場をイメージしたという。2012年には2号店をオープンした“ルージン”。今後もホーチミンのおしゃれカフェをリードしていく存在となりそうだ。


 

*1,000vnd(ベトナムドン)=約5円(2013年8月現在)
写真・文=河村きくみ
ホーチミン市在住
更新日:2013/8/1



  • 環境自主行動計画
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会