Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム > 地球人のコーヒーブレイク > Vol.32 オランダ・アムステルダム市在住 レックス・ウェネケルさん、ヨナタン・スヘーペルさん

地球人のコーヒーブレイク

オランダ・アムステルダム市在住 レックス・ウェネケルさん、ヨナタン・スヘーペルさん

コーヒーは世界の友達。地球上の至るところで味わい、楽しまれている飲み物です。全日本コーヒー協会では、各国の“コーヒー大好きピープル”たちに現地取材。“地球人のコーヒーブレイク”を紹介します。

コーヒーにすべてを賭ける、若い2人の情熱的なカフェ。
Vol.32 オランダ・アムステルダム市在住
レックス・ウェネケルさん
ヨナタン・スヘーペルさん

Lex Wenneker (レックス・ウェネケル 写真左)
Jonatan Scheeper(ヨナタン・スヘーペル 写真右)
職業:カフェ&自家焙煎コーヒー販売店経営
レックス1985年/デルフト市生まれ、ヨナタン1987年/アムステルダム市生まれ

 今年の2月にオープンしたばかりの焙煎工房&カフェ“ヘッド・ファースト”は、趣味のよいモダンビンテージショップの中にある。「このショップの中に、カフェのスペースを借りているんだ」と気さくな笑顔で語るのは、オーナーの1人、レックスさん。ウィークデーの営業は朝7時からだが、オープン後はあっという間に満席だ。
“ヘッド・ファースト”というユニークな店名は、野球用語からきているのだと言う。「頭から塁に突っ込んでいくこと。一か八か、後先のことを考えずにすべてを賭けて突進するっていう意味。僕たちの経営方針さ」と笑うのは、もう一人のオーナーのヨナタンさん。

 2人は以前、スタイリッシュなインテリアと豊富なラインナップで大人気のカフェ・チェーンで働いていた。その当時から、さまざまなコーヒーコンペティションに出場して腕を競うコーヒーマニアだった彼らは、意気投合して独立を決めた。コーヒーの焙煎や新しいブレンドの研究は、2人にとって人生そのもの。
「チェーン展開のカフェも面白いけれど、僕たちはいいと思うモノをもっと流動的に採り入れて行きたい。スタンダード化を前提にしたチェーン店とは、目指すものがまったく違うと思っている。いま美味しいと思っても、明日もっと美味しいコーヒーと出合ってしまうかもしれないからね」とは、レックスさんの言葉だ。

coffeebreak32_img2

 今はグアテマラやパナマの生豆を購入し、カフェとは別の場所で焙煎している。だが、近いうちにカフェの裏に機械を設置して、本格的な焙煎工房としてスタートする予定だ。「これからはもっと焙煎に力を入れていきたいね」と熱く語るレックス。見ると彼の腕には、エスプレッソマシンのフィルターホルダーのタトゥーが!
 “ヘッド・ファースト”で突進していく、若い2人の情熱がこもった香り高いコーヒーは、早くも多くのファンを獲得している。

*1ユーロ=約128円(2013年4月現在)
写真・文=ユイ・キヨミ アムステルダム市在住
更新日:2013/05/15



  • ラブドリ
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会