ホーム > 地球人のコーヒーブレイク > Vol.30 ブラジル・サンパウロ市在住 ジエゴ・ゴンザレスさん

地球人のコーヒーブレイク

ブラジル・サンパウロ市在住 ジエゴ・ゴンザレスさん

コーヒーは世界の友達。地球上の至るところで味わい、楽しまれている飲み物です。全日本コーヒー協会では、各国の“コーヒー大好きピープル”たちに現地取材。“地球人のコーヒーブレイク”を紹介します。

大々的な改装が話題に。おしゃれな“ソファ・カフェ”。
Vol.30 ブラジル・サンパウロ市在住 ジエゴ・ゴンザレスさん

ジエゴ・ゴンザレス(Diego Gonzales)
職業:カフェ経営
1981年/サンパウロ州サントアンドレ市生まれ

 カフェ経営が夢だったジエゴさんは、それを実現する機会を耽々と狙っていた。
会社員として勤めていたころ、事務所の向かいに立つあか抜けないカフェを窓越しに観察していた。立地はいいのに……どうにかできないものだろうか?
 ジエゴさんへの協力を買って出た投資家の友人とともに、その店のオーナーに店舗買収の話を持ちかけるとすんなりと承諾してくれた。

 ジエゴさんは、この店を大々的に改装した。壁を壊して中の古いレンガを表に出したり、キッチンに水色と白のタイルを貼ったりしながら、リフォームは6ヶ月間にわたった。前庭にはカラフルで存在感があるソファを、中央のホールには不揃いな椅子をバランスよく配し、“ソファ・カフェ”という店名をつけた。

 2011年8月にオープンするやいなや、1日に約200人が訪れるようになる。
「長い時間をかけてリフォームしたので、店の前を通る街の人々が話題にしてくれていたようなんだ。初日からお客さんがワッと訪れたよ」と開店当時を振り返った。


 
 “ソファ・カフェ”は、カジュアルなカフェとしてサンパウロで最もおしゃれな店のひとつとして知られる存在になった。ジエゴさんは新たに2店舗を市内でオープンし、今年5月には米国のボストンに海外支店を開く予定だ。市内3店舗の見回りもしながら、今後はしばしばボストン訪問のために多忙を極めそうだ。ゆくゆくは“ソファ・カフェ”をブランド化してフランチャイズを展開したいという。

 直営店については、「4店舗が限界だよ。だって僕はお客様に直接サービスしたいし、それがカフェ経営の醍醐味だと思うから」とその日もエスプレッソコーヒーをいれては、スタッフに交じってホールを駆け回っていた。

*R$1(レアル)=約47円(2013年3月現在)
写真・文=仁尾帯刀(にお・たてわき)
サンパウロ市在住
更新日:2013/04/15



  • ラブドリ
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会