ホーム > 地球人のコーヒーブレイク > Vol.22 ベトナム・ホーチミン在住 ファーム・ダン・ミンさん

地球人のコーヒーブレイク

ベトナム・ホーチミン在住 ファーム・ダン・ミンさん
コーヒーは世界の友達。地球上の至るところで味わい、楽しまれている飲み物です。全日本コーヒー協会では、各国の“コーヒー大好きピープル”たちに現地取材。“地球人のコーヒーブレイク”を紹介します。

いつか飲んでみたい、ジャコウネコのコーヒー。
Vol.22 ベトナム・ホーチミン在住 ファーム・ダン・ミンさん

Pham Dang Minh (ファーム・ダン・ミン)
職業:歌手
1978年/クアンガイ生まれ

ファーム・ダン・ミンさんは、2000年に行われたホーチミン市テレビ主催の歌唱コンテストで3位に入ってから、ホーチミン市を中心に活躍している歌手。しっとりとしたベトナム演歌のような歌で年配の方に人気が高く、国内・海外公演でいつも忙しい。

ルーンさん

「初めてコーヒーを飲んだのは17歳の頃。ブラックコーヒーだったからあまりの刺激の強さにびっくりしたよ。ベトナムコーヒーって、ほら、すごく濃いからね」。それからというもの、ミンさんはいつもアイスミルクコーヒーを飲むようになった。「コーヒーを飲むと、みんな目が覚めるだろ? でも僕は違うんだ。いい気分になって眠くなっちゃうんだよ(笑)」。「歌う前にはほとんど飲まないのだけれど、よく飲むのは昼食の後かな。友達と一緒にカフェで飲むことが多いんだ。ひとり家で飲むのはちょっと寂しいし。カフェで友達と楽しくコーヒーを飲みながら話していると、とってもリラックスできて、いろんな話ができるんだよ。仕事や家族のことなんかね」。

 

ルーンさん

 海外のコーヒーはどう? と聞くと、「アメリカのコーヒーもいいんだけど、僕にはちょっと薄くてジュースみたいなんだよね(笑)。やっぱり、ベトナムコーヒーが一番! でも、一度飲んでみたいのは、ジャコウネコのコーヒー、“コピ・ルアク”なんだ。ジャコウネコの糞から取れたコーヒーで、ベトナムでも作られてるんだ。でも、量もすごく少なくてほとんど輸出されているという話だから、コーヒー栽培農家にお願いして分けてもらわないと手に入らないんだよ」と、にっこり笑って夢も語ってくれた。

 

写真・文=河村きくみ(かわむら・きくみ) ホーチミン市在住
更新日:2012/11/15



  • ラブドリ
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会