Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム > 地球人のコーヒーブレイク > Vol.15 スペイン バルセロナ市在住 ホセ・マヌエル・アルバレスさん

地球人のコーヒーブレイク

地球人のコーヒーブレイク Vol.15 ホセ・マヌエル・アルバレスさん
コーヒーは世界の友達。地球上の至るところで味わい、楽しまれている飲み物です。全日本コーヒー協会では、各国の“コーヒー大好きピープル”たちに現地取材。“地球人のコーヒーブレイク”を紹介します。

アンダルシア風に、グラスで飲むミルクコーヒー。
Vol.15 スペイン バルセロナ市在住 ホセ・マヌエル・アルバレスさん

Jose Manuel Álvarez(ホセ・マヌエル・アルバレス 写真左)
職業:フラメンコダンサー
1986年/セビリア市生まれ

 「今日は、これからすぐクルーズ客船のお客のために踊るんだ」と言いながら、フラメンコダンサーのホセ・マヌエル・アルバレスさんは朝のコーヒーをいれている。「僕の家はコーヒー家族で、特に母がコーヒーなしでは生きて行けない程!(笑)その影響か、僕がコーヒーを飲みだしたのは15歳頃かな」。朝昼晩と欠かさないコーヒーだが、一番大事なコーヒーブレイクはリハーサル後の一杯だそうだ。「もう、本番へ向けての儀式みたいになっているよ」と笑う。

 アンダルシア地方・セビリア出身のホセさんは、4歳の時に家族とともにバルセロナにやって来た。8歳の頃、姉がフラメンコ教室で踊るのを見学しているうちに、ホセさんもその教室でフラメンコを踊りだした。すぐさま彼の才能は先生達に見いだされ、12歳で本格的な修業に入り17歳でプロデビューした。現在はバルセロナのフラメンコショーで踊るほか、声がかかれば世界どこへでも出かけて踊る。

高円寺に行ったとき、喫茶店で飲んだコーヒの思い出

「日本にも4回行ったよ。日本は大好きなのでまた行きたいな」。
日本で滞在中、東京の高円寺のホテル近くの喫茶店で飲んだコーヒーが忘れられないと言う。「喫茶店のおばさんが、丁寧に一杯ずついれてくれるんだ。本当に、ホッとする味で美味しかった」と、生後6ヶ月のマルティ君と妻のマルタさんとミルク入りのコーヒーを片手にくつろぎながらアルバレスさんは言う。

「僕は、ミルクコーヒー派だね。直火式エスプレッソメーカーで作ったコーヒーにミルクをたっぷり入れて飲むんだ。あ、そうそう、陶器じゃなくて、絶対にグラスね。アンダルシア地方の多くの人がするように、グラスじゃないとダメ!」


写真・文=森本徹(もりもと・とおる)
バルセロナ市在住
更新日:2012/7/1



  • ラブドリ
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会