Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム > 地球人のコーヒーブレイク > Vol.11 インド ムンバイ市在住 ネーハ・マルホトラさん

地球人のコーヒーブレイク

地球人のコーヒーブレイクVol.11 インド ムンバイ市在住 ネーハ・マルホトラさん
コーヒーは世界の友達。地球上の至るところで味わい、楽しまれている飲み物です。全日本コーヒー協会では、各国の“コーヒー大好きピープル”たちに現地取材。“地球人のコーヒーブレイク”を紹介します。

コーヒータイムには、手作りのお菓子が欠かせない。
Vol.11 インド ムンバイ市在住 ネーハ・マルホトラさん

Neha Malhotra(ネーハ・マルホトラ)
職業:国立ファッションインスティテュート(NIFT)大学院生
1988年/デリー市生まれ

「生まれも育ちもデリーですが、大学院はNIFTムンバイ校に進み、現在は親元をはなれて寮生活中。同級生とムンバイのおしゃれなコラバ地区にある老舗カフェや、人気のコーヒーチェーン店でコーヒーを飲むこともあるけれど、おしゃれなカフェだと一杯200ルピー(300円弱)はかかるから、学生の懐具合ではしょっちゅうは行けないの(笑)」とネーハさん。
 いつもは寮のキッチンで、自分でコーヒーを淹れることが多いとか。

寮のキッチンで、自分でコーヒーを淹れる

「コーヒーの香りで、寮の各部屋からみんなが集まってくるんですよ。南インドはコーヒー文化圏、北インドは紅茶文化圏とインド国内でも飲み物の嗜好は異なるけれど、コーヒーを飲みなれている南インド出身者を中心にコーヒー談義が始まったりして。そりゃあもう、賑やかなの」
 ネーハさんはケーキやスコーンを焼くのが好きで、時間があるときには手作りのお菓子と、部屋で淹れたコーヒーでほっとひと息ついて、デリーの家族や友人とスカイプで話すのが楽しみだという。

お菓子と、丁寧に淹れたコーヒー

「提出課題が山積みのときには、コーヒーでリフレッシュしているの。前から家にあった、ひとり用の直火式エスプレッソ器具をムンバイに持ってきたので、大活躍しています。南インド産の豆を粗めに挽いたのが好き。おしゃれなカフェで出てくるフレンチプレス式の器具が欲しいなぁと思うけれど、新年度はまず就活に励まなくちゃね」とおしゃべりが弾む。提出課題がいっぱい詰まったラップトップとiPhoneが手放せない、いまどきの女子大生だ。



写真・文=泰子Malhotra(やすこ・マルホトラ)
デリー市在住
更新日:2012/4/1



  • ラブドリ
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会