Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム > 地球人のコーヒーブレイク > Vol.08 フランス パリ市在住 フランク・ジョバンヌさん

地球人のコーヒーブレイク

フランス パリ市在住 フランク・ジョバンヌさん
コーヒーは世界の友達。地球上の至るところで味わい、楽しまれている飲み物です。全日本コーヒー協会では、各国の“コーヒー大好きピープル”たちに現地取材。“地球人のコーヒーブレイク”を紹介します。

朝一番のコーヒーは、ミルクたっぷりのカフェ・オ・レ。
Vol.08 フランス パリ市在住 フランク・ジョバンヌさん

Franck Jovanne(フランク・ジョバンヌ)
職業:カフェ経営
1972年 パリ市生まれ

 モンマルトルの丘の麓にあるオーガニックカフェ “Hope Café(ホープ・カフェ)”を、友人のパブロと共同経営しているフランク。セレクトショップ「コレット」のウォーターバーで4年間働いた後、ファッションの仕事に従事したフランクは、そこで知り合ったパブロと長年の夢であったカフェをオープンさせた。コーヒーはもちろん、料理もワインもおいしいと、観光客や地元の人たちに愛される人気カフェである。

Hope Café店内のフランクさん

 フランクは1日に最低3杯のコ-ヒーを飲むという。
「朝起きてすぐ、その後カフェに出勤して仕事前に新聞を読みながら一杯、そして食後……。朝一番に飲むコーヒーだけは、子どもの頃からの習慣でたっぷりのミルクを入れたカフェ・オ・レだね」。

ビューニュとコーヒー

 彼の家では子どもが朝飲むのはショコラと決まっていて、12歳になるとようやくカフェ・オ・レが解禁、となる。 “タルティーン(バゲットを縦半分に切ってバターやコンフィチュールをぬったもの)”とカフェ・オ・レがずっと、フランクの朝食の定番だったのだとか。子ども時代のコーヒーにまつわる思い出はもうひとつある。
「田舎に住むおばあちゃんがいつも作ってくれた、“ビューニュ”という揚げ菓子。すごくおいしいんだ。この揚げ菓子をコーヒーといっしょに家族みんなで味わった時間は、いまも忘れられないよ」。


写真・文=篠あゆみ(しの・あゆみ)
パリ市在住
更新日:2012/1/15



  • ラブドリ
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会