Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム > 地球人のコーヒーブレイク > Vol.04 デンマーク コペンハーゲン市在住 ジョン•ルンドさん

地球人のコーヒーブレイク

地球人のコーヒーブレイク Vol.4 コペンハーゲン ジョン•ルンドさん
コーヒーは世界の友達。地球上の至るところで味わい、楽しまれている飲み物です。全日本コーヒー協会では、各国の“コーヒー大好きピープル”たちに現地取材。“地球人のコーヒーブレイク”を紹介します。

12歳からコーヒー好き! 夢は「南米でコーヒー栽培」。
Vol.04 デンマーク コペンハーゲン市在住 ジョン•ルンドさん

John Lund (ジョン•ルンド)
職業:コンピュータ•アニメーター、1965年9月28日デンマーク、オルボー市生まれ

  船舶用モーターの会社でテクニカル•イラストを描いている、ジョン•ルンドさん。12歳の時にお祖母さん宅のキッチンでコーヒーを飲んで以来のコーヒーファンだ。現在は1日に10杯~12杯も飲むという筋金入り。

 「朝6時に起きて、豆から挽いてすぐ飲むコーヒーが格別。その後は職場や帰宅後の自宅で一杯というように、コーヒーを飲まない日はありません。飲まないと、体調がすぐれないほど」。

 ジョンさんのお気に入りの飲み方は、ブラック一辺倒。好みのいれ方は、軽い焙煎のコーヒー豆を定量の3倍入れて荒めに挽き、フィルターペーパーを使ったドリップ式。沸騰したお湯を注ぐ間に、飲みやすい温度になっていく。

ジョン•ルンドさん

「苦味が強いコーヒーをブラックでたっぷり飲みたいので、軽い焙煎の豆を多めに使うと、ちょうどよい苦味になります」とジョンさん。一度にたくさんいれて、保温ポットで飲むのがデンマークでは一般的だ。

  ジョンさんのブラックコーヒーには、イタリアのビスコッティがよく合う。浸して食べると、苦味にほどよい甘さが加わって、つい沢山食べてしまう。

「いつか、自宅の庭に植えたコーヒーの木から収穫した豆を焙煎して挽いて、高山の天然水で飲んでみたい。でも、デンマークに山はないし、コーヒー栽培には寒すぎるから、南米に引っ越そうかなあ」と、ジョンさんのコーヒーを巡る夢が大きくひろがっていく。

写真・文=冨田千恵子(とみた・ちえこ)
コペンハーゲン在住
更新日:2011/11/15



  • 環境自主行動計画
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会