Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム > コーヒービジネス最前線 > Vol.94 アメリカ合衆国:サニーボーイ(SonnyBoy)

コーヒービジネス最前線

topimg_biz

 世界中で愛されるコーヒー。楽しみ方、味わい方は、お国柄によっても千差万別です。コーヒービジネスもまた、その都市ならではのチャレンジを重ね、さまざまな広がりを見せています。
 眠らない街、ニューヨーク。常に忙しい都会では、頭を爽快にしてくれるコーヒーが不可欠で、同時にお酒もとっても大切な存在です。ニューヨーカーにとって大事な二つの要素を一緒にした、とあるカルチャーが流行っています。それはコーヒーにアルコールが入った「コーヒーカクテル」。コーヒーにもお酒にもうるさいニューヨーカー納得の、コーヒーカクテルを提供するお店を紹介します。2軒目は、オーストラリア系のニューフェイスを。

カフェを特別な存在にする、コーヒーカクテル。

Vol.94 アメリカ合衆国:サニーボーイ(SonnyBoy)
www.sonnyboynyc.com

アメリカ合衆国:サニーボーイ(SonnyBoy)

洒落た名前のカクテル、「バット・ファースト、コーヒー」(でもまずはコーヒーを)を作るステファノさん。最後のトッピングとして、大きくて四角い一つの氷の上に、チョコレートの薄片を乗せる。グラスを傾けると、色々なフレーバーが混ざり、豊穣な味に。

 ニューヨークではオーストラリア系のカフェが普及して久しいが、まだまだ新しいスポットが増えている。オーストラリアンカフェというと、アボカドトーストがメニューに必ず存在する、フードとコーヒーのレベルが高いというイメージがあるが、他店とは一線を画すのが「サニーボーイ」だ。2019年1月にロウワーイーストサイドにオープンし、「フレンドリーで親しみやすいスポット」がコンセプト。普通のコーヒーショップ以上の存在になりたいと、フードはもちろん、ビールやナチュラルワインなど、コーヒー以外のメニューも充実させた。
 オーストラリア出身の共同オーナー、ステファノ・ドサーニャさんはカクテルにもこだわろうと、同郷の同業者の友人と一緒にメニューを考案。「ヘビーではなく、フレッシュでさっぱりとした味わいのカクテルを提供したかったので、コーヒーカクテルに辿り着きました」と、話す。

アメリカ合衆国:サニーボーイ(SonnyBoy)

[上](左から)共同経営者のジョシュア・エヴァンスさんとステファノ・ドサーニャさん、ニック・ダークワースさん。[左下]「バット・ファースト、コーヒー」(15ドル)は、同店一押しのドリンクで、飲んだ人にも好評だ。[右下]「エスプレッソ・マティーニ」(15ドル)は「リキュールとコーヒーのバランスが大切で、作る上で、質感も重要です」

 展開しているのは2種類。「バット・ファースト、コーヒー」は、トランバ・ブランコ社のテキーラとデル・マゲイ社の「デル・マゲイヴィーダ」というメスカルに、食塩水とコールドブリューをミックスしたドリンク。ウィスキーがベースのカクテル、オールドファッションドがアイデアのベースになっている。「メスカルでスモーキーさを出して、コーヒーで苦味を出す、飲み口がスムーズな一品です」と、ステファノさん。一口飲むごとに、じんわりとした渋みと、しょっぱさが口の中に広がる大人の味だ。

アメリカ合衆国:サニーボーイ(SonnyBoy)

[左]カフェやレストラン、バーが立ち並ぶリビングトン・ストリートに建つ。オーストラリア人にも人気。[右]インテリアはフレンドリーな空間を演出すべく「モダンなダイナー」のようにデザインした。

 もう一つは、オーストラリアで定番の「エスプレッソ・マティーニ」。オーストラリア発の「ミスター・ブラック」社のコーヒーリキュールに、ヴォッカとエスプレッソ、シロップを混ぜたカクテルだ。エスプレッソの苦味の中に、リキュールの甘さを感じ、非常に飲みやすい。
 コーヒーはニューヨークの「カフェ・インテグラル」社のコーヒーを使用。オーストラリアの美学は、ニューヨーカーの間でもさらに根付いていきそうだ。

〈カフェ情報〉
サニーボーイ(SonnyBoy)
www.sonnyboynyc.com
65 Rivington Street, New York, NY 10002
営業時間 8:00 -~16:00  (月)、8:00~24:00(火〜日)
無休

*1ドル:約107円(2019年6月現在) 
写真=加藤里紗 取材・文=長谷川安曇(ニューヨーク市在住)
更新日:2019/7/15



  • 環境自主行動計画
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会