Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム > コーヒービジネス最前線 > Vol.92 デンマーク:アーケット(ARKET)

コーヒービジネス最前線

topimg_biz

 世界中で愛されるコーヒー。楽しみ方、味わい方は、お国柄によっても千差万別です。コーヒービジネスもまた、その都市ならではのチャレンジを重ね、さまざまな広がりを見せています。
 北欧デンマークの首都コペンハーゲンで、最近目につくのは、家具、服、フレグランス、文具、本を集めた、「ライフスタイルショップ」。そして、そこにはこだわりをもったカフェが併設されているのが特徴です。コペンハーゲンの元郵便博物館の建物にできたスウェーデンの衣料ブランド「アーケット」のデンマーク第1号店内のオーガニック・カフェも好評。家族全員の日常着から、旅行バッグ、キッチンツール、庭仕事グッズまでと、雑貨の品揃えも豊富です。

オーガニック•カフェで「フィーカ」を楽しむ。

Vol.92 デンマーク:アーケット(ARKET)
www.arket.com

デンマーク:アーケット(ARKET)

通りに面した大きな窓から入る自然光で明るい印象のカフェ。中央のベンチの背面が高いから落ち着ける。奥はキッチンカウンター。昼時には観光客や近所で働く人で賑わう。長居する人が多いからか、クッションやブランケットなどとともに多くのインテリア雑誌や本が置かれている。

 コペンハーゲンの観光スポットの「ラウンドタワー」が位置するクーマーゲーデ通りは、庶民的なショッピングストリートとして市民に親しまれているが、この通りのランドマークのひとつだった、郵便博物館が移転。建物がリニューアルされ、スウェーデンの衣料ブランド「アーケット」のデンマーク1号店としてオープンした。
 広々とした1フロアのコーナーごとに、シンプルなデザインと北欧らしいヴィヴィッドな色使いの大人から子供までの衣料、旅行グッズ、キッチンツール、文具などを、店名の「1枚の紙」にちなんでミニマルでかつ見やすく配置しているのが特徴。買い物客が欲しいアイテムのコーナーが簡単にみつかるよう工夫されている。現在では人気店のひとつで、週末には多くの家族連れで賑わっている。

デンマーク:アーケット(ARKET)

[左上]「フィーカ」にはクッキーやケーキを添えて。クッキー15DKK〜。スウェーデンのオーガニックジュースも揃えている。[右上]トレイの下敷きのイラストは、子供のお絵描き用に使えるよう工夫されている。木肌模様が美しい木の椅子は使うほどに味がでてくる。[下]コーヒーはいずれもエスプレッソベース。人気のある順番で、左からカプチーノ、32DKK、ラテ35DKK、エスプレッソ27DKK。

 店内のカフェは、スウェーデンのスターシェフ、マーティン・ベルグのプロデュースによるもの。彼は、デンマークの「レストラン・ノーマ」で知られる新北欧料理ブームの草分けになった「マニフェスト」の参加シェフのひとりで、北欧内で収穫されたオーガニックの食材を使い、伝統料理を見直し四季の移ろいを料理で美しく表現することを推進している。カフェでは、スウェーデンの日常食、クネッケパン、オープンサンド、サラダなど、見た目はシンプルでも、旬の素材で美味しいのはいうまでもなく、食べやすいメニュー作りを心がけている。ちなみに、コーヒーとカルダモンロールなどの甘いパンやケーキなどを食べながら寛ぐ時間を、スウェーデン語では「フィーカ」というが、アーケットのカフェでは、それが経験できる。
 コーヒー豆はホンデュラスのオーガニック農園のもので、エスプレッソ用のロースト。コーヒーメーカーは、シアトル発のマシンを低めに設置しているのは、手元がみえやすく、熟練のバリスタでなくても美味しいコーヒーがいれられるからだという。市内中心部で客が多い店舗のため、店内スタッフが新人でも働きやすいよう、動線に配慮した内装となっている。

デンマーク:アーケット(ARKET)

[左]カウンターの大理石とトーンを合わせたシルバーカラーのマシンは、シンプルでキッチンに馴染んでいる。[右]元郵便博物館だった、アーケットの入り口。夏はカフェの屋外席で道行く人を眺めながらのフィーカもおすすめだ。©Chieko Tomita

 この店で人気なのは、カプチーノやカフェラテなど、エスプレッソにオーガニック・ミルクを加えたもの。フィルターコーヒーは、オーダーした客が備えつけのポットから注ぐスタイルで、2杯目は無料。客に混じり、休憩時間に立ち寄る店舗スタッフもいるという。
 カフェのインテリアは北欧らしい白い壁に木の家具。中央のベンチ席の背面が高く、さりげなくプライバシーが保たれているのと、小さな子供でも座りやすい、ほどよい高さの頑丈な椅子が置かれているので、家族連れも気兼ねなく寛げることができる。
 一見普通でも、ちょっとしたディテールの工夫が心地よく思えることを、アーケットのカフェが教えてくれた。

〈カフェ情報〉
アーケット(ARKET)
www.arket.com
Kφbmagergade33, DK-1150 Kφbenhavn K
TEL: (+45) 3697-9861
営業時間 10:00-19:00 (月〜金)、10:00〜18:00 (土・日) 休:祝

*1DKK=デンマーク・クローネ:約16,54円(2019年5月現在) 
写真(クレジット記載カット以外) =ARKET
取材・文=冨田千恵子(コペンハーゲン市在住)
更新日:2019/6/15/span>



  • 環境自主行動計画
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会