Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム > コーヒービジネス最前線 > Vol.83 デンマーク:デザインミュージアム・ダンマーク クリント・カフェ

コーヒービジネス最前線

topimg_biz

世界中で愛されるコーヒー。楽しみ方、味わい方は、お国柄によっても千差万別です。コーヒービジネスもまた、その都市ならではのチャレンジを重ね、さまざまな広がりを見せています。今月はデンマーク・コペンハーゲンからリニューアルされたミュージアム・カフェ2軒を紹介します。「デザイン王国」を自負するデンマーク。首都コペンハーゲンの「デザインミュージアム・ダンマーク」館内にある「クリント•カフェ」はオーガニックコーヒーをいち早くとりいれたミュージアム・カフェとして知られています。このほどリニューアルにより、正面広場に2号店がオープンしました。

用途に合わせて使い分けたい、2つのミュージアムカフェ。

Vol.83 デンマーク:デザインミュージアム・ダンマーク クリント・カフェ(Designmuseum Danmark, Klint Café)
https://designmuseum.dk

デンマーク:デザインミュージアム・ダンマーク クリント・カフェ

「クリント・カフェ」の2号店(左側)。右手にはチケット売り場とショップが新設された。2号店は気軽に立ち寄れるコーヒーバーとなっている。カウンターのみで座席数は少ないが、季節を問わず広場にテーブルが設置されているから、エキジビジョンのオープンやデザインイベントなどに、フレキシブルに使われる。(Photo=Christian Hoyer)

 コペンハーゲンの観光スポット、港に佇む「人魚像」から徒歩で約12分。「デザインミュージアム・ダンマーク」は、もとは王立病院として使われていたロココ風の回廊式建物に、家具、テキスタイル、陶磁器に加え、日本刀の鍔や版画などが年代やジャンルにこだわらずに展示されている。観光客だけでなく地元のデザイン好きにも人気がある博物館で、年間約29万人が訪れる。
 特に中庭に面したミュージアム・カフェ「クリント・カフェ」は、デンマークの巨匠デザイナー、アルネ・ヤコブセンの椅子と「レ・クリント」の照明という北欧モダンインテリアに加え、他のミュージアム・カフェに先駆けて、オーガニックコーヒーを取り入れたことで名高い。

デンマーク:デザインミュージアム・ダンマーク クリント・カフェ

[上]「レ・クリント」の照明とデンマーク家具のインテリアがおしゃれなミュージアム・カフェ、1号店「クリント・カフェ」。(Photo=Klint Café)[左下]ライ麦パンにスモークサーモンとカリフラワー、ディルがたっぷりのったオープンサンド(75DKK)。おかわり自由のドリップコーヒー(28DKK)。[右下]ぽってりとしたカップで出されるカプチーノ(35DKK)。おすすめは、シナモンロール(25DKK)。リニューアル時には、新ユニフォーム(国際的に活躍するファッションデザイナー、ヘンリク・ヴィブスコウのデザイン)も導入された。(Photo=Klint Café)

「デンマークの典型的な昼食、オープンサンドやホームメードケーキに合うコーヒーを『コペンハーゲン・コーヒー・ラブ』という近隣の焙煎所に、特別にオーダーしています。特にドリップコーヒーはおかわり自由なので、飲みやすいようコロンビア産の豆を粗挽きにしていれています」と、2012年からカフェの経営に携わるオーナーシェフのヤコブさん。昼食時は、観光客や近隣のオフィスからの客でいっぱいになる。
 このカフェに続き、2018年秋にリノベーションされた正面広場に2号店がオープンした。正式名称ではないが、ヤコブさんは「サテライト・カフェ」と呼んでいる。
「カフェというより、立ち飲みのコーヒーバーです。ミュージアムに入らなくても、ちょっと立ち寄ったり、待ち合わせに使われることが多いですね」
 ここで人気があるのは、カプチーノなど、エスプレッソのアレンジコーヒー。ホンジュラス、メキシコ、グアテマラ産コーヒー豆のオリジナルブレンドはクラシックなイタリアン風味に、ノルディックモダンの浅煎りをオーダーしているという。

デンマーク:デザインミュージアム・ダンマーク クリント・カフェ

[上]リニューアルされた、デザインミュージアム・ダンマークの玄関広場。展示ケースにデンマークを代表するプロダクトが展示されている。(Photo=Christian Hoyer)[左下]「デザインもコーヒーも好き」と書かれた、オリジナルラベルのクリント・カフェ専用コーヒー豆も購入可能(250g、100DKK)。[右下]ミニマムながら、居心地がよさそうなカウンター。

「長居するお客さんは少ないので、食べやすいシナモン・ロールやクッキーなどを置いています。もちろん、館内のクリント・カフェのプロデュースです」と、2号店担当のバリスタ、レッカさん。
 ミニマムなインテリアは、デンマークを代表する建築事務所のひとつ、COBEが手がけ、家具やコーヒーカップは新進気鋭のデザインブランド、「フラマ」のプロダクトを採用した。今回のリニューアルのコンセプトである「ミュージアムに入る前から、デンマークデザインに触れられること」が、このカフェでも実感できる。
「形態はちがっても、どちらもクリント・カフェで、コーヒーやフードのクオリティは同じです。使い勝手がよくなって、いままでより多くのお客様に満足していただけるようになりました」
 リニューアルにともない、正面広場を使った展示やイベントが続く。今後は、2号店がミーティングスポットとしての役割を担っていくにちがいない。

〈カフェ情報〉
デザインミュージアム・ダンマーク クリント・カフェ(Designmuseum Danmark, Klint Café)
https://designmuseum.dk
Bredgade 68, DK-1260 København K
TEL.(+45) 3318 5656
営業時間 10:00-17:30 (火〜日)、10:00〜20:30 (水)
休:月、祝(HPで要チェック)

*1DKK(デンマーク・クローネ:約17,5円(2018年12月現在)
写真・文=冨田千恵子(コペンハーゲン市在住)
更新日:2019/1/1



  • 環境自主行動計画
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会