Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム > コーヒービジネス最前線 > Vol.82 イタリア:サントゥ パウル(Santu Paulu)

コーヒービジネス最前線

topimg_biz

世界中で愛されるコーヒー。楽しみ方、味わい方は、お国柄によっても千差万別です。コーヒービジネスもまた、その都市ならではのチャレンジを重ね、さまざまな広がりを見せています。今月は、イタリア・ミラノから。いまミラノでは郷土色を前面に出した伝統的なスタイルのカフェが大人気。「今日はナポリ・カフェに行く?」「プーリア・カフェにする?」と言う会話が若者の間で飛び交います。今回は、温暖な南イタリアらしい爽やかな味のコーヒーを楽しめるプーリア風カフェを紹介します。

プーリア流、アーモンドミルク入りのクアルタコーヒー。

Vol.82 イタリア:サントゥ パウル(Santu Paulu)
www.facebook.com/santupaulu.milano

イタリア:サントゥ パウル(Santu Paulu)

この店に来れば、何を頼んでも期待通りの味が必ず出てくる。そして、プーリアでしか手に入らないクアルタコーヒーが飲める、と人気を呼び、いつも多くの客で賑わう。そして人の多さがこの店の居心地良さにも繋がっているようだ。

 2015年のミラノ万博の後、郷土色の強いカフェやレストランがたくさんできた中でも人気の店が「サントゥ・パウル」。南イタリア、プーリア州サレント半島生まれのオーナーが自分の街の広場の名前をつけた、今ミラノでもっとも長い行列ができる店のひとつだ。
 プーリア州サレントは、ブーツの形に喩えられるイタリア国土のかかと部分にあたる、広く地中海に面する地域。盆地で夏は雨が少なく暑い日が続く。そんな南イタリアのコーヒーは、暑い時期が長いことや、料理にたくさんオリーブ油を使うこと、そして家庭の水道水に少し塩分が入っていることから、濃いめのコーヒーが多い。
 プーリアには、白壁で少しギリシャを思わせるようなおしゃれなインテリアの店が多い。この店も白壁にサボテン、手で編んだ籐のテーブル敷きなどをインテリアに取り入れ、あたかもプーリアにいるかのような、海と太陽を思わせる雰囲気を醸し出している。この店のオーナーももちろん、働いている人はみなプーリア出身。「プーリアの味を再現するには大切なこと」とオーナーは語る。

イタリア:サントゥ パウル(Santu Paulu)

[左]今日の担当はバレリア・ビッカリさん。氷にエスプレッソを注ぐプーリア風のアイスコーヒーが1年中人気だという。普通のエスプレッソは1ユーロ。[中]アイスコーヒー(クアルタ・イン・ギアッチョ)1.2ユーロ、レッチェーゼケーキ2.5ユーロ。[右]温かみのある南イタリア風インテリアのカウンターに、プーリア風のケーキやパンが並ぶ。

 素材もプーリア産にこだわる。プーリアでよく飲まれるコーヒーは、半世紀前にコーヒー好きの画家、アントニオ・クアルタが作ったブランド豆「クアルタコーヒー」。このクアルタコーヒーは通常のイタリアで使われるコーヒー豆に比べて煎りが濃く、香り高いことが特徴だ。5種類の豆はロブスタ種を60%以上使用しているブレンドがほとんどだが、口に入れた時にまろやかで苦味がない。このコーヒー豆はもちろんのこと、プーリア風コーヒーには欠かせない名産のアーモンドミルクもプーリアから仕入れ、地元の味を忠実に出そうとしている。
 メニューにもプーリア風が並ぶ。地元プーリアで人気の、大きめのカップに半分まで氷を入れてエスプレッソとアーモンドミルクを注ぐ「クアルタ・イン・ギアッチョ ラッテ・ディ・マンドルラ(2.5ユーロ)」は、近ごろ冬も暖かい日が多いこともありミラノでも一年中人気だという。すっきりとした切れ味のこのアーモンドミルク入りアイスコーヒーは底に沈んだアーモンドミルクの混ぜ方次第で甘さをコントロールできるユニークな飲みもので、香ばしいシナモンのような後味が口の中に広がる。「エスプレッシーノ(1.5ユーロ)」もこの店ならではの1品。ガラスのカップにエスプレッソとフォームミルクを注いだ小さなサイズのカプチーノなのだが、このサイズと名前で出されるのがプーリア風。お国変われば呼び方もサイズも変わるところに郷土色を感じる。

イタリア:サントゥ パウル(Santu Paulu)

[左]ガラスばりのオープンな間口の店に、いつも多くの客が詰めかける。[右]白い壁にサボテンのモチーフ、籐の小物。南イタリアの海と太陽を思わせるインテリアだ。

 またイタリアでは朝食はエスプレッソにクロワッサンが定番だが、プーリア風の朝食としてプーリア最南端の町レッチェの郷土菓子である焼き菓子をカスタード、チョコレート、アマレーナ入りの3種類用意している。香ばしい焼き菓子で、適度なクリームの量が朝食にはぴったりの美味しさだ。
 プーリアの人たちは人好きのおしゃべり好きで、この店では隣りあった初対面の人ともオープンに話せる。美味しいコーヒーと楽しい会話が楽しめることがこの店の最大の魅力なのかもしれない。

〈カフェ情報〉
サントゥ パウル(Santu Paulu)
www.facebook.com/santupaulu.milano
Via dello Tessa 2 Milano,It
TEL.(+39)02-8408-4011
営業時間 7:30〜22:00(火〜日) 休(月)

*1ユーロ=約128円(2018年10月現在)
写真=フランキー・ヴォーン 取材=坂本きよえ(ミラノ市在住)
更新日:2018/11/15



  • 環境自主行動計画
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会