Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム > コーヒービジネス最前線 > Vol.6 イタリア:ラヴィッツァ(RAVIZZA)

コーヒービジネス最前線

topimg_biz

世界中で愛されるコーヒー。楽しみ方、味わい方は、お国柄によっても千差万別です。コーヒービジネスもまた、その都市ならではのチャレンジを重ね、さまざまな広がりを見せています。
イタリア・ミラノでは「異業種とのコラボレーション」バールが話題です。経営に行き詰まったさまざまな業種の店舗──書店やバイク屋、花屋、ブティックなど──が、新たにバールを設置することで起死回生をはかってきました。
vol.6では、vol.5と同様にミラノでも人気の「コラボ・バール」を紹介します。元狩猟用具店【ラヴィッツア】はカフェとのコラボによって店内の構成も見直して、にぎわっています。

老舗の狩猟用具店が、行列のできる人気のバールに。

Vol.6 イタリア:ラヴィッツァ(RAVIZZA)
www.ravizza1871.com/

ラヴィッツァ

狩猟用具店として創業し100年以上の歴史を持つ「ラヴィッツァ」。ミラノの人のライフスタイルを研究して、リニューアルする計画が練られた。「ラヴィッツァ」が店を構えるアーケードは人で賑わうゾーンとなった。今ミラノでも話題のスポットに!

 

 ドゥオモの裏にあるホエプリ通りのアーケード。ここに、ずらりと行列ができるバールがある。今春までは、スポーツ用品などを販売するショップだった「ラヴィッツァ」だ。もともとはミラノでも最も古い狩猟用具店として知られる老舗なのだが、景気がいいとはいえない状況が長く続いていた。そこに、新しい風を吹き込んだのが、ミラノのカフェ業界で人気の高いコーヒーブランドO社とのコラボレーション計画である。

「ラヴィッツァ」ショーウインドウには歴史を感じさせる商品やオーナー個人蔵の貴重品が飾られる。


  生まれ変わった新「ラヴィッツァ」の構成を見てみると、1階の半分以上とアーケードテラスのスペースにバール、1階の残りと地下は、これまでのようにショップが入り、ショーウインドウにはアンティークものをディスプレイ。2階はスーツを仕立てる職人が常駐する工房となった。
「ラヴィッツァ」のディレクター(元オーナー)であるジェリ・ペッツイさんは、「僕は美味しいコーヒーと食事、美しいものが好きだから、自分の店にパートナーシップをいれるなら美味しいバールがいいな、と考えていたんだ。それに、コーヒーとブリオッシュを食べながら、ゆっくり品物を選べたら楽しいだろう?」
 ジェリさんはときに2階の仕立て工房にバールの客を案内し、クラシコイタリア・スーツの仕立て職人の仕事をPRする。実際に職人の仕事を見せることで、スーツの魅力が伝わり、注文につながっている。スーツだけではない。バールにコーヒーを飲みにきた客が、何気なくショップの商品を手に取り、購入していくことも多いという。

(左)2階のスーツ仕立て工房。スーツカルチャーの中心、ミラノが誇る職人技を見ることができる。
(右)2階から1階を見た店内。ブリオッシュや軽食のバリエーションも豊富だ。

 

 ジェリさんがO社をパートナーシップに選んだ理由は、ミラノブランドであること、そして切れ味のよい美味しい上質のコーヒーであることだという。11種類のコーヒーは、すべて1ユーロ(立ち飲みの価格。テーブル席に座ると2ユーロ)。コーヒーをいれるバリスタも、もちろんジェリさんのお墨付き。
「美味しいコーヒーを用意してもいれ方がよくないと、元も子もないからね! コーヒーは、オーダーが入ってから豆を挽くようにしている。コーヒーの温度にも気を使っている。イタリアでは、ほとんどの人がコーヒーを飲むのは食後なんだよ。でも、僕の店には外国人もよく来るので、コーヒーのタイミングを必ず聞く様に心がけている。“コーヒーはお食事と一緒がいい?食後がいい?”ってね」

(左)オリジナルの “ミッシェーラ・O・バール”はブラジル産アラビカ 種100%。
(右)ディレクターのジェリ・ペッツィさん。もちろん自身もお洒落なミラノ男だ。

 

〈カフェ情報〉

ラヴィッツァ(RAVIZZA )

:www.ravizza1871.com/

Via Hoepli, 3  20121 milano

Tel.02・8693・853

ショップ 11:00~13:15、14:15~19:30

バール8:00~22:00(月~土)   14:00~18:30(日) 無休

*1ユーロ約137円(2014年7月現在)

写真=フランキー・ヴォーン  文=坂本きよえ

ミラノ市在住

更新日:2014/8/15



  • 環境自主行動計画
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会