ホーム > コーヒービジネス最前線 > Vol.69 アメリカ合衆国:デヴォシオン(DEVOCIÓN)

コーヒービジネス最前線

topimg_biz

世界中で愛されるコーヒー。楽しみ方、味わい方は、お国柄によっても千差万別です。コーヒービジネスもまた、その都市ならではのチャレンジを重ね、さまざまな広がりを見せています。
「ロースターがあるカフェ」を紹介しているシリーズ。今月はアメリカ・ニューヨークのお店を訪ねます。
まずは、植物があふれる居心地のよいカフェで味わう、フレッシュなコーヒーの魅力をご紹介。

フェデックスで届く、フレッシュなコーヒー豆のだいご味。

Vol.69 アメリカ合衆国:デヴォシオン(DEVOCIÓN)
www.devocion.com

アメリカ合衆国:デヴォシオン

カウンターの向こうで、ロースターが稼働している。ロースターを挟むようにしてカフェへの入り口と出口があり、行き来する際に必ずガラス張りのロースターが見えるような設計だ。

 ブルックリンのウィリアムズバーグ地区にある、「デヴォシオン」。スペイン語で「献身」や「深い愛情」という意味の店名だが、その名の通りコーヒーにたっぷり愛情を注いだカフェだ。コンセプトはいかにフレッシュなコーヒーを買って、運んで、ローストすること。ここでサーブするコーヒーは、すべてコロンビア産のオリジナルの豆を使っている。マーケティングとビジネス発展部門のディレクター、ジョナサン・ドレサーさんは「コロンビアの気候や土壌、土地の形はユニークで、美味しいコーヒーに恵まれています。それぞれの土地によって、まるでアフリカやコスタリカ産のように違った味わいのものが取れるのです」と話す。

アメリカ合衆国:デヴォーション

[左] コロンビアのボゴタ出身のジョナサン・ドレサーさん。このお店の設立者が幼馴染だったことから、経営に加わることに。[中]開放的なスペースに設置されているロースター。「ロースターがお店にある一番の利点は、店内に立ち込めるその豊潤な香り」とジョナサンさん。[右]コクがあり、味に深みがあるラテ(4.75ドル)は人気のメニュー。黄色いカップ&ソーサーも可愛い。

 コロンビアの農家から購入した豆は、コロンビアの首都ボゴタで精選処理・選別を経て生豆の状態でニューヨークへと出荷される。そのスピード感が、ジョナサンさんのこだわりだ。
 「私は、生豆を一刻も早くローストすべきだと考えています。ですから、ボゴタからニューヨーク・ブルックリンまではフェデックスを使ってひと晩で運搬し、到着次第、カフェの店頭にあるロースターで焙煎します。お店によっては、生豆ならば6カ月から1年保存しているところもありますが、私たちはフレッシュさにこだわっていますから。精製してからローストするまで10日以上かけることはありません」と、ジョナサンさん。

アメリカ合衆国:デヴォーション

[左] 以前は工場だったスペースを改装。屋根に天窓を作り、日光が降り注ぐように配慮した。[右]立派なレンガ造りの外観。あたりには多くのレストランやバーが立ち並ぶ。

 併設するカフェには、「コロンビアのトロピカルな雰囲気を感じてほしい」との思いから、コロンビアの植物やコーヒーの木で壁を飾った。ロースターは、店頭のガラス張りのスペースに設置。カフェへ続く廊下からもストリートからも、ローストする様子を見ることができる。オープンキッチンのように中で何が起こっているか、誰からもわかるように配慮した。また清潔さを保つように、焙煎前後では毎日約1時間ずつ念入りに清掃を行っている。
 今年の春には、2号店もブルックリンのダウンタウン地区にオープンする。
 「ニューヨーカーは、ローストするまでにかかった時間の違いがわかるほど舌が肥えている。私たちが目指しているものや新鮮さの価値を理解してくれているので、好評を得たのだと思います」
 今後は「カスカーダ」と呼ばれる、コーヒーの木の実で作られたフルーティーな味わいのハーブティーを商品化する予定。コーヒーにとことんこだわった、カフェの新しいアプローチが楽しみだ。

〈カフェ情報〉
デヴォシオン(DEVOCIÓN)
www.devocion.com
69 Grand St Brooklyn, NY 11249
TEL. 718-285-6180
営業時間 7:00〜19:00(月〜金) 8:00〜19:00(土・日)

*1ドル=約107円(2018年3月現在)
写真=加藤里紗
取材=長谷川安曇(ニューヨーク市在住)
更新日:2018/3/1



  • ラブドリ
  • 10月1日はコーヒーの日
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会