ホーム > コーヒービジネス最前線 > Vol.56 アメリカ:ブディーン(budin)

コーヒービジネス最前線

topimg_biz

世界中で愛されるコーヒー。楽しみ方、味わい方は、お国柄によっても千差万別です。コーヒービジネスもまた、その都市ならではのチャレンジを重ね、さまざまな広がりを見せています。
ニューヨークでは近頃、ハイエンドなコーヒーが話題となっています。もちろん、高価なのにはそれぞれ理由があります。今回は、北欧の文化を運ぶリコリッシュラテで人気の店を紹介します。

リコリッシュラテはリッチな甘さ、10ドルの価値あり。

Vol.56 アメリカ:ブディーン(budin)
www.budin-nyc.com

アメリカ:ブディーン

主な客層はブルックリンに住む、クリエイティブ系のフリーランサー。多くの人がコンピューターを持ち込み、ここで仕事をしている。週末には、コーヒー業界で働くプロが多く訪れる。インテリアは北欧のぬくもりが感じられるように、ウッドを多く使い、間接照明に。オーナーのクリスタル・ペイさんとマネージャーのスティーブン・クノールさん。

 ブルックリンのグリーンポイント地区にある「ブディーン」。アイスランド語で「ショップ」という意味のここは、北欧がテーマの広々としたカフェだ。スカンジナビアのカフェは多機能性を兼ね備えていることから、お店は様々な顔を持つ。店内奥は日本のデザイングッズを展開するリテールスペースで、カウンターにはローカルで作られたクラフトビールやワインも揃い、夜には、ニューヨークのレストランで活躍するシェフを招き、ポップアップでフードを提供する。
 もちろん本業のコーヒーにも力を入れている。「北欧のコーヒーは、ライトローストが主流。ノルウェーでライトローストした豆を中心に使い、クリーンな味わいのコーヒーを提供しています」と、オーナーのクリスタル・ペイさん。クリスタルさんはカナダ出身で、フィルムの仕事でノルウェーのオスロに住んでいた経験があり、アイスランドにも家を持つ。その時に出会った北欧のコーヒーカルチャーに目覚め、2014年に同店をオープンした。開業当初に同店を有名にしたのは、すっきりとした味わいのコーヒーや、北欧式のコンセプトに加えて、一杯10ドルの「リコリッシュラテ」だ(リコリッシュは欧米でよく使われる甘いハーブの一種※)。


アメリカ:ブディーン

[左] リコリッシュの甘みが口全体に広がるラテ。高めの価格はオンラインで話題になった。[中] マネージャーのスティーブンさんは「ジョーコーヒー」などでキャリアを積んだ。[右] コーヒーをフラスコに入れて、サーブするプレゼンテーションが新鮮だ。

 ニューヨークのラテの値段は通常約4.5ドルと言われ、リコリッシュラテは市の平均を大きく上回る。わくわくしながら噂のラテを飲んでみると、リコリッシュの甘さがミルクと絡み合い、絶妙なハーモニーを生んでいる! とろりとした甘さがあり、とにかく美味しいのだ。クリスタルさんが、この店を一躍有名にした、ラテの誕生秘話を語ってくれた。
 「カフェがオープンする前に、デンマークのラクリズ社がリコリッシュのシロップをサンプルとして送ってきました。ドリンクメニューを他2人の共同オーナーと一緒に決めている頃に、試しに色々なコーヒーに入れてみたところ、ラテが一番おいしくできた。リコリッシュが苦手という人は多いけど、ラテにいれると甘くて、意外と飲みやすい。シロップの値段が高く、ベースだけですでに7ドル分だったので、値段は10ドルにするしかなかった。決してハイエンドなコーヒーを作るつもりはなかったけど、メディアを通して話題になり、多くの人がお店に足を運び、私たちのコーヒーを知ってくれたから、結果として大成功だったと思う」と、クリスタルさんは微笑む。


アメリカ:ブディーン

[左] 「ティム・ウェンデルボー」社のコーヒーを扱い、店内では豆も販売。フルーティーな味わいが特徴だ。[右] グリーンポイント地区の中心にある。ローカルの人が多く、ほとんどが常連だという。

 北欧ではカフェのカルチャーが進んでいて、みんなじっくりカフェでコーヒーを味わうそう。「ニューヨークはせわしない町だから、“グラブ&ゴー”(コーヒーを買ってすぐ去る)の文化が根付いている。この習慣は決してなくならないと思うけど、ゆっくりくつろげる空間を提供していきたい」と、マネージャーのスティーブン・クノールさん。人気を博したラテに伴い、北欧のスタイルがニューヨークにも浸透していきそうだ。

※リコリッシュの根にはグリチルリチンやフラボノイド成分が含まれ、強い抗酸化作用で知られる。風邪を引いた時、咳が出る時、喉が痛い時に北米やヨーロッパではリコリスの飴をなめる習慣がある。

〈カフェ情報〉
ブディーン(budin)
www.budin-nyc.com
114 Greenpoint Avenue, Brooklyn, NY, 11222
Tel. 347- 844-9639
営業時間 7:00〜23:00 (月〜金)、8:00〜23:00 (土日)
     無休

*1ドル=約110円(2017年6月現在)
写真=加藤里紗
文=長谷川安曇
ニューヨーク市在住
更新日:2017/6/15



  • ラブドリ
  • 10月1日はコーヒーの日
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会