Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム > コーヒービジネス最前線 > Vol.21 ブラジル:「アーロ27」(Aro 27)

コーヒービジネス最前線

topimg_biz

世界中で愛されるコーヒー。楽しみ方、味わい方は、お国柄によっても千差万別です。コーヒービジネスもまた、その都市ならではのチャレンジを重ね、さまざまな広がりを見せています。
ブラジルのサンパウロでは、いま街中のサイクリングが大ブーム。自転車レーンが市内に拡張されるなか、自転車をテーマにしたカフェが注目を集めています。Vol.21では、サイクリストたちのニーズに応えるサービスが充実した「アーロ27」をご紹介します。

シャワー室も備えた、自転車カフェの先鋒。

Vol.21 ブラジル:「アーロ27」(Aro 27)
www.aro27.com.br

ブラジル:「アーロ27」

奥行きのある店舗は、手前から飲食スペース、キッチンカウンター、2階席への階段、自転車整備室、駐輪場、シャワー室と続く。店舗を貫く写真右側の通路には、サイクリング関連グッズが並び、自転車カフェとしての雰囲気を醸し出している。

  2013年からサンパウロ市内各地で自転車レーンが拡張されると、ペダルをこいでサイクリングを楽しむ市民が急増した。人口1189万人を擁するサンパウロで、日常的に自転車に乗る人は約26万人を数える(2014年調べ)。一見、人数はまだ少ないようだが、前年同期比では約50%の増加というから驚きだ。
 そんな自転車ブームに先駆けて、2013年7月にオープンした自転車カフェが「アーロ27」だ。場所は、商業エリアに移行中の住宅街ピニェイロス地区で、そもそもは日曜日の飲食業営業に不向きなエリアだったのだが、いまや「アーロ27」は平日の昼どきには近隣で働くビジネスマンでにぎわい、日曜日は9割以上がサイクリストで埋まる人気カフェとなっている。

[左上]整備室で車輪のスポークを取り替えるスタッフ。キッチンスタッフが整備を手伝うときもある。[右上]周囲は新築の商業ビルに囲まれており、このカフェの存在はオアシスのようだ。[下]シャワー室は男子用が1階、女子用が2階。日中に衣服を預かるためのロッカーもある。

[左上]整備室で車輪のスポークを取り替えるスタッフ。キッチンスタッフが整備を手伝うときもある。[右上]周囲は新築の商業ビルに囲まれており、このカフェの存在はオアシスのようだ。[下]シャワー室は男子用が1階、女子用が2階。日中に衣服を預かるためのロッカーもある。

「これほどまでの自転車ブームが訪れるとは思っていませんでした」と話すのは、「アーロ27」の経営者であるファビオ・サモーリさん。
 ファビオさんが自転車カフェの開店計画を練っていた頃には、まだ自転車レーンの拡張工事すら始まっていなかった。しかし、ヨーロッパに暮らした経験をもつファビオさんは、かの地での自転車の普及率の高さを知っていた。いずれサンパウロにも自転車の時代が訪れると固く信じて、「アーロ27」を開店したのだった。
 「アーロ27」では、飲食サービスのほか、自転車グッズの販売、自転車整備、駐輪スペース、シャワー室などのサービスを揃えて、サイクリストのニーズに応えている。シャワー室を備えたカフェの存在を知って、クルマを売って自転車で通勤するようになったお客もいるという。ラテやモカ、あるいはアルコール入りなど種類豊富なコーヒードリンクのメニューもこの店の魅力だ。

[左]オーナーのファビオ・サモーリさん。スコットランドのデリでのアルバイトを経て飲食業経営に。[右]エスプレッソコーヒー(4レアル)とブラジルのチョコレートのお菓子ブリガデイロ(5レアル)

[左]オーナーのファビオ・サモーリさん。スコットランドのデリでのアルバイトを経て飲食業経営に。[右]エスプレッソコーヒー(4レアル)とブラジルのチョコレートのお菓子ブリガデイロ(5レアル)

 「アーロ27」の名は、自転車カフェの先鋒としてすでに国内の他の街にも波及している。今年下旬には、パラナ州クリチバ市に、地元の経営者によるフランチャイズ店を開店する予定だ。
「従来のフランチャイズって、いかにも資本主義的で好きじゃない。名称や経営方針を共有しながら、見返りを求めない平等なパートナーでありたいと思っています。サイクリングがブラジル各地で普及するなか、私たちのカフェが自転車文化の発展に一役買えたなら、これほど嬉しいことはありません」と語るサモーリさん。その視線は、ブラジル中に広がる自転車レーンのはるか先に向けられているようだ。

「アーロ27」(Aro 27)
www.aro27.com.br
Tel. 55(11)2537-1918
Rua Eugênio de Medeiros, 445 Pinheiros, São Paulo
営業時間 8時〜20時(月〜金)、10時〜16時(日) 土曜定休

*1ブラジルレアル=約38円(2015年7月現在)
文・写真/仁尾帯刀
サンパウロ市在住

更新日:2015/7/1



  • ラブドリ
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会