ホーム > コーヒービジネス最前線 > Vol.115 ベトナム・ホーチミンから。

コーヒービジネス最前線

topimg_biz

世界中で愛されるコーヒー。楽しみ方、味わい方は、お国柄によっても千差万別です。コーヒービジネスもまた、その都市ならではのチャレンジを重ね、さまざまな広がりを見せています。SDGsをテーマとしたコーヒービジネスを追うシリーズ、今月はベトナムから、若者によるいろいろなアイデアを取り上げます。総人口の約半数が25歳以下の若者、約80%が40歳以下の年齢層と言われるベトナムは、今多くの若者によって環境について考えられ、変わってきています。海洋問題では、残念ながら世界でもワースト上位に入ってしまっているベトナム。カフェ「パッセンジャーズ」は、これを覆すべく、プラスティックを使わず、また地球に優しいカフェを目指し試行錯誤している店です。

誰もが地球のパッセンジャー。

Vol.115 ベトナム・ホーチミンから。

ベトナムのカフェで使われ始めている竹、麦わら、お米、ステンレスのストロー。

 ベトナムの多くのカフェでプラスティック製品をなくす取り組みとしては、まずプラスティック・ストローの廃絶があげられる。ベトナムではストローの素材も日々進化しており、紙やステンレス、ガラスのストローをはじめ、自然素材では空心菜、葦、竹で作られたストロー、またお米からできたストローなどなど、ベトナムならではのストローも開発され使われ始めている。
 「パッセンジャーズ」は、2018年6月、ズーさんとガンさんのふたりがオープンしたカフェ。店名には「私たちは生まれてから死ぬまで、この地球上では一人の乗客と同じ」という意味がこめられているという。「環境にやさしく、ビーガンで」が「パッセンジャーズ」のコンセプトだ。

[左]ココナッツコーヒーアイスブレンディッド(59,000VND)[右]オーナーのズーさん(左)とガンさん。「私たちは、お客様や環境に心地良い場所を提供できるよう努力し、パッセンジャーズはカフェとしてだけでなく、お客様がいつでも帰ってこれる温かい場所になれることを願っています」

 たとえばストロー。プラスティックごみによる環境汚染の原因となっている使い捨てプラスティック製のストローはできるだけ使わず、環境にやさしいストローを探して試行錯誤しているという。オーナーのズーさんに、いろいろなストローを使用してみての感想を聞いてみた。
 「以前は冷たいティーやモヒートに、竹のストローを使っていました。竹のストローは丈夫で何度でも利用できますし、温かい飲み物にも冷たい飲み物にも合います。ただ、湿度に弱く、かびてしまうことが難点。一度かびてしまうと、処理をするのは非常に難しく残念ながら捨てるしかありません。また、米の国を自負するベトナムで開発・製造された米のストロー。見た目はちょっとマカロニを長くした感じで、現在日本をはじめ、ヨーロッパ諸国や他外国にも輸出・使用されています。天然の野菜で色付けされ色彩も楽しめ、食べることも可能で環境にも大変優しいストローなんですが、使用できる時間が非常に短く30分~40分たつと柔らかくなってしまうところが残念。今後の改良に期待しています」
 ズーさんはこれらの経験から、現在では主にステンレス製のストローを使っているのだとか。ステンレス製は、耐久性があり保管しやすく、掃除もしやすいため衛生的にも安心とのこと。紙のストローや麦わらのストローは、主にテイクアウトやデリバリー用として使用しているそうだ。

看板犬のルーと看板猫のロキ。今ではオーナーに引き取られ、カフェに来られるお客様に癒しを与える存在に。

 また、「パッセンジャーズ」ではミルクにもこだわり、動物を傷つけることなく飲み物を提供したいという思いから、動物性ミルクを使わず植物性ミルク(素材は玄米、ハスの実、アーモンド、大豆、ココナッツなど)を使用している。ラムドン省で生産されるコーヒー豆を厳選し、無添加で焙煎してブレンドしたコーヒーとアーモンドミルクで作ったモカは、風味もよくフレッシュで栄養価も高くお勧めメニュー。コーヒー以外では、アロエベラやナタデココの入った玄米ミルクや仙草ゼリーの入ったハスの実ミルクも人気だ。
 動物保護にも力を入れている「パッセンジャーズ」。看板犬のルーも、もとは捨て犬だった。道に捨てられている犬や猫たちを見つけると、見過ごすことはできないと保護し、健康状態を見て里親探しもしているという。
 今ベトナムの多くのカフェが地球・環境について考え、「環境に優しく」を念頭に試行錯誤している。
 若者パワーで経済発展真っただ中のベトナム、今後のカフェ文化の進化が楽しみだ。

〈カフェ情報〉
パッセンジャーズ
fb.com/passengers.in.saigon
passengers.in.saigon

*1000ベトナムドン(VND)=約4.6円(2020年8月現在)
文=河村きくみ ホーチミン市在住
写真はすべてpassengers提供
更新日:2020/9/1



  • 環境自主行動計画
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会