ホーム > コーヒービジネス最前線 > Vol.103 ドイツ:コーヒーサークル(Coffee Circle)

コーヒービジネス最前線

topimg_biz

 世界中で愛されるコーヒー。楽しみ方、味わい方は、お国柄によっても千差万別です。コーヒービジネスもまた、その都市ならではのチャレンジを重ね、さまざまな広がりを見せています。
  東西ドイツが統一して30年。再び統一ドイツの首都となったばかりのベルリンは、実は新しいビジネスアイデアが次々と生まれる場所でもありました。近年は欧州スタートアップのメッカとしても知られています。SDGsをテーマとしたコーヒービジネスを追うシリーズ、今回はサスティナブルなコーヒー・スタートアップの中から、先駆け的存在の「コーヒー・サークル」を紹介します。

美味しいコーヒー1杯が、コーヒー産地に「よいこと」をもたらす。

Vol.103 ドイツ:コーヒーサークル(Coffee Circle)
www.coffeecircle.com

ドイツ:コーヒーサークル(Coffee Circle)

高い天井を生かした広々としたカフェ空間。コーヒーの産地は、エチオピアやコロンビア、ケニア、コンゴなど。各地で教育、健康保険、清潔な飲料水を確保するためのプロジェクトや、コーヒー豆の品質向上のための「カッピング・ラボ」を作るプロジェクトなどが進められている。次はラオスに行く予定だとか。

 2010年に設立された「コーヒーサークル」は、近年勢いのあるコーヒー関連のスタートアップのパイオニアだ。
「美味しいだけでなく、その一杯で良いことができる」。これが、コーヒーサークルが提案するコーヒービジネス。厳選した高品質のコーヒーを、可能な限り農家から直接仕入れて、ベルリンで自家焙煎し、オンラインで消費者の下に直接届ける。コーヒー豆1kgの売り上げに対して1ユーロが、コーヒー豆産地のソーシャルプロジェクトに入るというシステムだ。

ドイツ:コーヒーサークル(Coffee Circle)

[上]店頭に並ぶ自社商品は、現在18種類。「品質や味自体が良くないと、お客の興味やサポートは続かない」と、産地ごとに異なる旬のコーヒー豆を仕入れ、焙煎したての状態で販売する。季節限定品も。[下左]様々なコーヒーの入れ方を知り、より楽しんでもらいたいと、 店内でコーヒーを入れる場所は独立させ、最も目立つようにしている。コーヒー好きにはプアオーバー(ハンドドリップ)が一番人気。[下右]プアオーバー、4.50ユーロ。軽食やランチも計画中だが、現在は地元のカフェからパンなどを仕入れている。シナモン・バブカ3.40ユー ロ。

 創業メンバーの3人がこのアイデアを思いついたのは、エチオピアでのこと。孤児のための教育施設を作る仕事をしていた彼らは、ここでエチオピアのコーヒー文化と出会った。
「世界有数の高品質なコーヒー豆を作っている農家の人々が、子どもの学校のために1か月20セントを支払うことすらできない。この状況をどうやったら変えられるか、考えた」と、創業メンバーのひとり、モーリッツ・ヴァルトベルク=ヴァルテンベルクは語っている。
 彼らのコンセプトには、個人だけでなく国内外のカフェやオフィスからも次々と賛同が寄せられ、4年前、市内でもまだ家賃が安かったヴェディング地区にオフィスと焙煎所、倉庫を構えた。いまやひと月に約20トンのコーヒーが出荷されるほどに成長している。

ドイツ:コーヒーサークル(Coffee Circle)

[上左]倉庫から焙煎所、パッケージングまで全てが、カフェの裏手にあるビルで行われている。オフィスもここ。配送だけは2020年から別の場所に移る予定。[上右]パッケージゴミを減らすため、牛乳は農家から直接10リットルパックを注文し、それぞれのメニューに合わせて適量が出るスペンダーを使って食品ロスもなくしている。[下]食材も地元のものを。これは近年人気の発酵食品、コンブチャ。ベルリンのコンブチャブリュワリー、ROYがコーヒーサークルのコーヒーで作った、夏のヒット商品だ。

 2019年頭には、焙煎工房とオフィスのあるビルにカフェをオープン。オフラインでも「コーヒーサークル」が取り扱う、多彩なコーヒーを楽しむことができるようになった。
「コーヒーは、全ての感覚を刺激するものです。オンライン販売だけでは直接伝わりにくいものも、カフェで実際にコーヒーを飲んでもらえれば伝わることがあると思うのです。それにコーヒーは鮮度が重要。焙煎所と直結したこのカフェならコーヒーの味が最高の状態で楽しんでもらえますからね!」
 近所の人から、コーヒーサークルの名前を聞いて訪ねてくる国外からのお客まで、客層は様々。より美味しいコーヒーを届け、コーヒーをさらに好きになってもらうことで、農家からお客まで、誰もが利益を得られるようになる透明性のあるバリューチェーン。それが、コーヒーサークルの目標だ。

コーヒーサークル(Coffee Circle Café)
Lindower Strasse 18, 13347 Berlin
営業時間 8:30〜18:00(月〜金)9:30〜18:00(土・日・祝)
www.coffeecircle.com

*1ポンド=約122円(2020年 1月現在)
文=河内秀子
写真=Gianni Plescia (ベルリン市在住)
更新日:2020/2/1



  • 環境自主行動計画
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会