ホーム > コーヒービジネス最前線 > Vol.101 イギリス:バイオ・ビーン(bio-bean)

コーヒービジネス最前線

topimg_biz

 世界中で愛されるコーヒー。楽しみ方、味わい方は、お国柄によっても千差万別です。コーヒービジネスもまた、その都市ならではのチャレンジを重ね、さまざまな広がりを見せています。
 持続可能な開発目標(SDGs)について語られることが増えてきた昨今。世界のコーヒービジネスでも、すでに多くの取り組みが始まっています。今月は環境に対する意識の高いイギリスの事例をご紹介。まずは、コーヒーかすの再利用で注目を集めている「バイオ・ビーン 」の取り組みについて取材しました。

燃料や香料にもなる、コーヒーかすは宝物。

Vol.101 イギリス:バイオ・ビーン(bio-bean)
www.bio-bean.com

イギリス:バイオ・ビーン

イギリスで唯一のコーヒーかす再生工場「バイオ・ビーン」では、35人のスタッフが24時間年中無休稼働体制で働いている。2020年からかすの再生量を2万トンに増やす予定。スタッフにとっては、 コーヒーかすはゴミではなく、リサイクルのポテンシャルを秘めた宝なのだ。イギリス中部ハン ティントン町の本社工場にて。撮影:かがわみちこ

 人口6600万人のイギリスでは今、毎日9500万杯ものコーヒーが飲まれているという。コーヒーの消費量増加に伴い、カフェやコーヒーチェーン店舗から排出されるコーヒーかすが年間50万トンにも及んでいる。生ゴミとして捨てるにも、水分を含んでいるため重量もかなりのものだ。厄介なゴミとは言わないまでも、莫大な量のかすの処理をどうすべきかは、コーヒーチェーン各社が頭を悩ませるところなのだ。
 そこに目を付けたのが「バイオ・ビーン」である。6年前、建築学科の学生だったアーサー・ケイは、飲んでいたアメリカーノの表面に浮く油分に気がつき、そこから発想をふくらませた。コーヒー豆に油分が含まれるのなら、そのかすを燃料源に転化できるのでは? すぐさま「バイオ・ビーン」を起業し、はやくも2年でコーヒーチェーン店舗からのかす収集システムを確立し、かすの再生工場の設立にも乗り出した。そして、3年前には“コーヒー・ログ”と命名される商品のデビューにこぎつけている。

イギリス:バイオ・ビーン

[上]バイオ・ビーン工場。ロンドンを中心に各地から収集したコーヒーかすを配達するトラックが、何台も横付けになっている。撮影・かがわみちこ[下左]16本入り“コーヒー・ログ”、6.99ポンド。薪ストーブ専用で暖炉やバーベキューでは使用不可。イギリスでは、園芸センター、ホームセンター、スーパー、アマゾンで販売中。[下右]2019年11月に発表されたばかりの「ナチュラル・コーヒー・フレーバー」。外食産業用に自社研究室で開発された新製品だ。

 “コーヒー・ログ”は、乾燥させたコーヒーかすとおがくずを7:3の割合で混ぜ、7センチ直径の筒型に圧縮させた薪ストーブ専用の燃料だ。この長さ10センチほどのログ1本につき、なんと25杯分のコーヒーかすが凝縮されているという。ログには高焙煎特有のいぶし香が漂い、実際に薪ストーブでくべると、イタリアンローストの香りが室内に充満する。また、“コーヒー・ログ”を燃やす場合、薪と比べストーブ内の熱度が2割ほど高くなるという同社によるリサーチ結果もでている。暖房しながら焙煎の香りを楽しみ、同時に埋め立てゴミの減量に貢献しているのだから、コーヒー愛好家にとっては、ウィンウィンと言えよう。

イギリス:バイオ・ビーン

[左]全国展開をしている大手コーヒーチェーンのコスタ・コーヒーと契約を結び、定期的に収集しているため、工場横の倉庫にはコーヒーかすが常に山積みにされている。[右]収集されたナイロン袋入コーヒーかすと袋を分別するシュレッダーマシーン。この作業で、袋以外の異物も完全除去する。このあと、コーヒーかすは乾燥機へと移動される。

 また、「バイオ・ビーン」は、燃料以外にも、コーヒーかすの再生のための研究開発に邁進している。その結果、2019年11月には外食産業向けにナチュラルなコーヒーエキスを発表したばかりだ。加えて、乾燥させたコーヒーかすと樹脂を混ぜた原料で車のパーツや食器を製造できるかどうかの可能性も探っている最中だという。
 ドリップコーヒーを嗜んだあと、コーヒーかすがさまざまなカタチで蘇ってくるとは、コーヒーファンにはうれしい限りだ。コーヒーかすが秘めるポテンシャルはとてつもなく高い。

バイオ・ビーン(bio-bean)
(本社&工場)Unit 4002, Alconbury Weald, Huntingdon, Cambridgeshire, England
TEL: 020 3744 6500
営業時間 月~金 8:30-17:00
休日:土、日、祝
www.bio-bean.com

*1ポンド=約143円(2019年12月現在)
写真・文=かがわみちこ(ロンドン市在住)
Photos Courtesy of bio-bean
更新日:2020/1/1



  • 環境自主行動計画
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会