ホーム > コーヒービジネス最前線 > Vol.47 ドイツ:THFウェルカム・カフェ

コーヒービジネス最前線

topimg_biz

世界中で愛されるコーヒー。楽しみ方、味わい方は、お国柄によっても千差万別です。コーヒービジネスもまた、その都市ならではのチャレンジを重ね、さまざまな広がりを見せています。
今月のドイツは、「難民」がテーマです。メルケル首相がシリアなどからの難民の受け入れを発表してから、1年以上が経ちました。2015年だけで89万人の難民がドイツに来ているといわれています。ベルリン市内には数多くの難民収容施設がありますが、じつは、ボランティアでもしていない限り、ベルリンっ子が難民と言葉を交わすことはほとんどありません。
今回は、難民とベルリンっ子の間に横たわる壁を壊すのに大きな役割を果たしている、難民収容施設のカフェをご紹介します。

一杯のコーヒーが、難民とベルリンっ子をつなぐ。

Vol.47 ドイツ:THFウェルカム・カフェ(THF welcome Café)
www.thfwelcome.de

THFウェルカム・カフェ

カフェスタッフのカリム(右)とファルザット。カリムはアフガニスタンのカブールからセルビアやクロアチアを通る「バルカンルート」で、2015年末にこの施設にやってきた。現在は週に2回カフェで働く。滞在許可が下りたら大学で学びたいそうだ。

 ベルリン市最大の難民収容施設、テンペルホーフ空港跡地。その東棟にある6つの飛行機格納庫跡地(広さは3670〜6350㎡)を宿泊、食堂、リクリエーション空間として、現在も2900人の難民が暮らしている(2016年12月現在)。
16年4月、第一格納庫の一角にカフェがオープンした。コーヒーを入れてくれるスタッフは、ここで暮らしている、もしくは以前ここに暮らしていた難民たち。組織しているのは、ボランティア団体「THFウェルカム」だ。
「この場所が収容施設になってからずっとボランティアをしていて、支援団体を立ち上げました。その最初の段階から、カフェは必ず作りたいと思っていたんです」と「THFウェルカム」主宰のリヒャルト・レマーさんは言う。ここで暮らすことを余儀なくされた人たちに、少しでもリラックスできる場所を提供したい。また、隔離されたこの場所をベルリンの日常へとつなげたい——難民とベルリンに住む人たちが出会う場になれば、と考えた。

THFウェルカム・カフェ

[左] 週末のカフェ。ベルリンっ子と難民が入り交じり集う。[中]1930年代に建てられたテンペルホーフ空港。「THF」は当時の空港コード。 [右] カプチーノ、1杯2ユーロ。メニューはドイツ語のほかアラビア語、パシュトー語、ロシア語などを併記。

 カフェで働くスタッフ、アフガニスタンから来たカリムとファルザットは、もう1年以上この空港の収容施設にいる。「ドイツ語の勉強にもなるしね。ここを出た知人が訪ねて来てくれることも多いんだ」。ファルザットは18歳。両親を亡くし、ドイツにやってきた。カリムは24歳。カブールに残して来た家族と月に1回ほど電話するのが楽しみだという。書類や法的手続きの嵐に翻弄され、いつここを出られるかも、送り返されるかもわからない不安な暮らしのなか、このカフェでコーヒーを飲んで、ほっと一息入れられるのが嬉しいそう。

THFウェルカム・カフェ

[左] リヒャルト・レマーさん。普段は大手自動車メーカーの技師としてフルタイムで働いている。[中] 自転車を修理するワークショップや、映画の上映会、弁護士などの専門家による法律相談も開催。[右] カフェの家具は全て寄付。カウンターなどの手先の器用な難民のカーセム(中写真)が何でも作ってしまうそうだ。カーセムはシリアのダマスカスで家電販売の仕事をしていたという。

 カフェの横には寄付された洋服の配布所や、ミシンが置かれたコーナーも。本国では仕立て屋をしていたと言う人も多く、自分で縫い物をしたいという要望を受けてのことだ。ドイツ語や各国語の本を集めた読書コーナーもあり、不定期にドイツ語講座も開催されている。これらの活動全てが個人のボランティアと寄付によって支えられており、国や市からの援助はない。
 カフェにつながる格納庫跡地には、ベルリンのサッカーチームのキャプテン、ヴェダド・イビシェヴィッチが16年11月に贈ったミニサッカーコートがあり、子どもたちの遊ぶ楽しげな声が絶えない。自身もボスニア難民としてスイスとアメリカに暮らしたイビシェヴィッチは、自らの体験を通して、お返しをしたいという気持ちで、このコートをプレゼントしたそうだ。
 しかし、リヒャルトさんは、このカフェが早くなくなることを願っている。
「皆がベルリンの街に受け入れられ、ここを去る。ボランティア団体も必要なくなって、解散する——それが理想です。でも残念ながら、少なくともあと1年、援助は必要でしょうね」。

〈カフェ情報〉
THFウェルカム・カフェ(THF welcome Café)
Columbiadamm 10, 12101 Berlin
www.thfwelcome.de
営業時間 
13:00〜19:00(月〜水・金・土) 15:00〜19:00(木) 日休
女性のみの時間あり 10:00〜12:30(月)、10:00〜15:00(金)

*1ユーロ=約122円(2016年12月現在)
文=河内秀子(ベルリン市在住)
写真=Gianni Plescia
更新日:2017/1/1



  • ラブドリ
  • 10月1日はコーヒーの日
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会