Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム > コーヒービジネス最前線 > Vol.11 アメリカ:トビーズ・エステイト・コーヒー・ウェスト・ビレッジ(Toby’s Estate Coffee West Village)

コーヒービジネス最前線

topimg_biz

世界中で愛されるコーヒー。楽しみ方、味わい方は、お国柄によっても千差万別です。コーヒービジネスもまた、その都市ならではのチャレンジを重ね、さまざまな広がりを見せています。
アメリカ・ニューヨークは第3次コーヒーブームのまっただ中。コーヒーの飲み比べサービスを行うカフェが増えてきました。Vol.11でご紹介するのは、2014年11月にオープンしたばかりのニューフェース、オーストラリア発の人気カフェ。ここでは、本格派の有料カッピング教室が行われています。

本格派カッピング教室を開催する、オーストラリア発の人気カフェ。

Vol.11 アメリカ:トビーズ・エステイト・コーヒー・ウェスト・ビレッジ(Toby’s Estate Coffee West Village)
www.tobysestate.com

「ブリュー・パーラー」で初めて「カッピング」を体験したというエミリーさんとライアンさん

ニューヨークでは珍しい、コーヒーに関するさまざまなレベルのクラスが体験できる「ブリュー・パーラー」は、カフェの地下にある。初めて「カッピング」を体験したというエミリーさんとライアンさん。


 アメリカではコーヒー全体のクオリティが上がり、ニューヨークでもハンドドリップの美味しいコーヒーを出すカフェが増えている。コーヒーの飲み方の好みも細分化してきたため、カフェではいろいろないれ方でお客様にサービスするようになってきた。ニューヨーカーのコーヒーに対する関心も深まるいっぽうといったところだ。
 オーストラリア発のカフェ「トビーズ・エステイト・コーヒー・ウェスト・ビレッジ」が、ニューヨークに上陸したのは2012年。リッチな風味で深みのあるエスプレッソやニューヨーカーのスタイルに合わせた開放的な空間がブルックリンで好評を博し、瞬く間に大人気のスポットとなった。その後、アパレルショップの「クラブ・モナコ」の一画にフラットアイロン支店をオープン。そして、2014年11月末、ニューヨークで一番のコーヒー激戦区ウェスト・ビレッジに3店舗目を開く。
 並み居る老舗の強豪カフェとこの店が違うのは、「ブリュー・パーラー」という地下のスペースでコーヒーの教室を開催していることだ。自宅でできるハンドドリップの教室や、エスプレッソについての知識、上手にミルクで描くラテアートの教室、そして誰でも気軽に体験できる「パブリック・カッピング」(5ドル/要予約)の教室がある。

(左)味や香りをしっかり確かめるため、1つの豆につき、3つのカップを用意する。(右)講師のショパーンさん。カッピングの際には、コーヒーの表面をスプーンで押さえるようにして香りを確かめるのがコツ。

(左)味や香りをしっかり確かめるため、1つの豆につき、3つのカップを用意する。 (右)講師のショパーンさん。カッピングの際には、コーヒーの表面をスプーンで押さえるようにして香りを確かめるのがコツ。

 

 そこで、クラスがスタートしたばかりの12月初め、「パブリック・カッピング」に参加してみた。
 土曜日の朝10時に「トビーズ・エステイト・コーヒー・ウェスト・ビレッジ」を訪れると、フラットアイロン店のアシスタント・マネージャーで講師のショバーン・サンさんが元気にお出迎え。生徒は他に、「いつかカフェを開きたい」というエミリーさん、ライアンさんのカップルが1組。全員がカッピング初体験だが、少人数でのクラスだからとてもフレンドリーな雰囲気だ。
テーブルにはグアテマラ産とエチオピア産のコーヒー豆が2種類ずつ並ぶ。まずは豆をよく観察。続いてショバーンさんが、「ハンドドリップ用とエスプレッソ用にそれぞれ豆を挽き、“ドライ“の香りを嗅ぎましょう。挽いた豆はカップを横からポンポン叩くと香りが出やすいんです」と説明してくれる。
 ここでお湯を足し、粉が固まった“クラスト”状態で、さらにコーヒーの香りをチェック。
 「お湯を足すと、香りがよりまろやかになります。スプーンでコーヒーだけをすくい、勢いよく“ズーッ”と音を立てて。ラーメンの麺をすするよりもっと一気に強く、周りの空気も一緒に吸込むのがコツです。風味がより繊細にわかりますよ」。初心者にもわかりやすく、丁寧なアドバイスがありがたい。

(左)7アベニュー沿いにある便利なロケーション。ウェスト・ビレッジには昔、イタリア系の移民が多く住んでいたことから、おいしいコーヒーをだすカフェが多く残る。(右上)ニューヨークで大人気の老舗「ドーナツ・プラント」のドーナツ(各4ドル)を展開。(右下)レンガ造りの壁を活かしたインテリア。地元だけではなく、色々なエリアからたくさんのコーヒー好きが訪れる。

(左)7アベニュー沿いにある便利なロケーション。ウェスト・ビレッジには昔、イタリア系の移民が多く住んでいたことから、おいしいコーヒーをだすカフェが多く残る。(右上)ニューヨークで大人気の老舗「ドーナツ・プラント」のドーナツ(各4ドル)を展開。(右下)レンガ造りの壁を活かしたインテリア。地元だけではなく、色々なエリアからたくさんのコーヒー好きが訪れる。

 

 参加者からは「チョコレートの味がする」「後味が強い」「甘みがある」など、さまざまな感想が出たが、ショパーンさんは、「コーヒーの好みは人それぞれまったく違うので、正しい答えはありません。ここではコーヒーに関する質問をどんどん自由にしてもらい、コーヒーにより興味を持ってもらえれば嬉しいです。知識を深めるだけではなく、今まで飲んだことがないコーヒーを試してほしいですね」と語っていた。
 コーヒーに精通していない初心者にも、カッピングは楽しいものだと感じさせてくれるクラスだった。

〈カフェ情報〉

トビーズ・エステイト・コーヒー・ウェスト・ビレッジ(Toby’s Estate Coffee West Village)

www.tobysestate.com

44 Charles St
New York, NY10014
TEL: 646.590.1924

営業時間=7:00〜19:00
無休

*1ドル= 約120円(2014年12月現在)

写真=加藤里紗
文=長谷川安曇

ニューヨーク市在住

更新日:2015/1/1



  • ラブドリ
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会