ホーム > コーヒービジネス最前線

コーヒービジネス最前線

記事一覧

2020/1/15
Vol.102 イギリス:ウェイトローズ&パートナーズ(Waitrose & Partners)
持続可能な開発目標(SDGs)について語られることが増えてきた昨今。世界のコーヒービジネスでも、すでに多くの取り組みが始まっています。今月はイギリスの事例をご紹介。環境問題への意識が高いチャールズ皇太子がパトロンの大手スーパーマーケットでは、量り売りなどを通してエコチャレンジを推進しています。

2020/1/1
Vol.101 イギリス:バイオ・ビーン(bio-bean)
持続可能な開発目標(SDGs)について語られることが増えてきた昨今。世界のコーヒービジネスでも、すでに多くの取り組みが始まっています。今月は環境に対する意識の高いイギリスの事例をご紹介。まずは、コーヒーかすの再利用で注目を集めている「バイオ・ビーン 」の取り組みについて取材しました。

2019/11/15
Vol.100 ブラジル:クレメンテ・カフェ(Clemente Café)
サンパウロではここ4、5年、コーヒー豆の質にこだわるカフェがそれまで以上のペースで増えています。中でも小規模なカフェの登場が際立っています。今年、2号店を開けて知名度上昇中の「クレメンテ・カフェ」を紹介します。

2019/11/1
Vol.99 ブラジル:ザ・リトル・コーヒー・ショップ(the little coffee shop)
サンパウロではここ4、5年、コーヒー豆の質にこだわるカフェがそれまで以上のペースで増えています。中でも小規模なカフェの登場が際立っています。まずは、極小コーヒー店の「ザ・リトル・コーヒー・ショップ」を紹介します。

2019/10/15
Vol.98 ベトナム:オッキオ OKKIO
ベトナムハノイ発祥のエッグコーヒーは、かつて大事なお客様をもてなすときにのみ作られたといわれています。そんなエッグコーヒーが今ホーチミンでひそかに人気です。みんなが独自にアレンジし、進化してきたエッグコーヒーを提供する2軒をご紹介。。村上春樹ファンのオーナーが経営するカフェでは、オリジナルの上質なエッグコーヒーが味わえます。



  • 環境自主行動計画
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会