Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム > コーヒー海外事情 > 地域コミュニティをつなぐ、ロンドンの個性派カフェ。

コーヒー海外事情

地域コミュニティをつなぐ、ロンドンの個性派カフェ。

地域コミュニティをつなぐ、ロンドンの個性派カフェ。

 喜ばしいことに、ロンドンでもようやく美味しいコーヒーを飲める時代が到来した。なかでも、地元にやさしい取り組みで人気を博しているのが、「地域密着型」のカフェ。イベント空間を併設したり、自転車通勤者たちのためのサービスを行ったり…。ロンドンの独立系カフェのトレンドを走る個性派カフェ4軒を紹介する。

The Proud Archivist
プラウド・アーキヴィスト

運河沿いのカフェには自然光が入り明るく、白と黒が基調のコンテンポラリーなインテリアがより際立つ。

 紅茶の国として知られる英国。だが、近年はチェーン系から独立系まで、コーヒー主体のカフェがロンドンにも、次々と開店している。なかでも、独立系カフェに目立ったトレンドがある。それは、地域への貢献を大切にする経営方針だ。

 昨年10月、ロンドンで最も旬のエリア、リージェント運河にオープンし、一躍この地区を代表するカフェになった「プラウド・アーキヴィスト」。オーナー、ヘクター・プラウドさんは、過去にアート展やイベント企画を手掛けた経験を生かし、カフェ、イベント会場、ライブラリーなどを併設した空間を作り上げた。

 一階の広いスペースでは、昼は母子の体操教室、夜はこの地区を基盤に活動するアーティストの展覧会やトークショーを主催する。ワールドカップ開催中は、サッカーファンのヘクターさんのアイデアで大型スクリーンを設置し、町内皆で英国チームを応援し、サッカー観戦を楽しんだ。

左:経営者もデザインに関わったコンテンポラリーな空間。
右:ライブラリー兼ギャラリースペースがある二階。週末の夜は予約ですぐ埋まる。


幅広い層に愛される、地元密着カフェ。

スタッフや常連客から慕われる経営者、ヘクター・プラウドさん。

 ヘクターさんは「このカフェを地元民に愛される場にしたいんだ。だから食材も可能な限り、地元で調達しているよ」と言う。コーヒー豆がその食材のひとつ。カフェで使用する豆の8割を、運河沿いにある大手の焙煎所から取り寄せる。残りは、近所の家族経営の焙煎所から。「同じ時期にビジネスを始めた焙煎所だからね」。

 コーヒーメニューは、定番のエスプレッソやカフェラテのほか、リストレット、ホワイト・アメリカーノなど、ロンドンのカフェには珍しい種類もカバーしている。「このエリアには、各国から観光客が多く来るため」とメニュー構成にも配慮する。若者から家族連れまで幅広い層に愛される地元密着のカフェ。開店から1年足らずにして、すでにファンに根付いたようだ。

左:フラット・ホワイト、2.80ポンド。 中央:自家製ギネスビール入りケーキ、4.50ポンド。
右:ブランチにぴったりのほうれん草入りエッグ・フロレンティーン、7.50ポンド。

The Proud Archivist
プラウド・アーキヴィスト

ギャラリースペース、ライブラリー、カフェ、バー、レストランとマルチな機能が併設された空間。地元の若者からツーリストまでが寄り集まる楽しいカフェだ。
■ www.theproudarchivist.co.uk

Look Mum No Hands
ルック・マム・ノー・ハンズ

混雑時も笑顔で接客してくれるマネージャー、ロザーナさん。

 慢性的な交通渋滞、市内への車乗り入れ税、高額料金の公共交通機関、頻繁なる地下鉄スト。ロンドンの通勤事情は、必ずしもよくない。それに対するロンドンっ子の自衛策は、自転車通勤である。このように、サイクリスト人口が増加すると同時に問題も発生する。簡単なタイヤの空気入れから始まり、パンク、ギアやスポークなどの本格的な修理が必要になるのだ。

朝のコーヒーを楽しみつつ、カフェでタイヤの空気調整を。

左:自転車修理コーナーでも迅速な対応。 右:大人も子供も空気入れに立ち寄る中庭は、サイクリストたちのコミュニティの場。

 このロンドンの自転車事情に目をつけたカフェがある。「ルック・マム・ノー・ハンズ」(見て、ママ、手を離して自転車に乗れるよ、の意)というユーモアある店名がついたカフェには、自転車修理コーナーが併設されている。空気入れポンプの利用は無料。カフェの中庭でコーヒーを飲みながら、タイヤの調整をする通勤サイクリストたちの姿は、この界隈ではおなじみの朝の光景となった。自転車修理を受け付けるカウンターは、サイクリストたちの情報交換の場としても賑わう。

バリスタのヤーナスさん。

平日の朝は通勤族で賑わうが、週末はサイクリストと通常の客がほどよくミックスされている。

 もちろんこれだけではない。きっちりとカフェ部門も充実させ、サイクリスト以外の客も取り込んでいるのも見逃せない点だ。カフェカウンターに並ぶ客の注文を次々とさばきながら、手際よくも丁寧にカフェラテやカプチーノを作るバリスタのヤーナスさんは、「まず、美味しいコーヒーで目覚めてください」。自身もサイクリストである彼のおすすめは、酸味がきき、きりっとした飲み口のエスプレッソとボリュームある英国式の朝食。「腹ごしらえをしないと自転車通勤ができないでしょう」と笑う。また、サイクリストの要望に応じ、年間を通じアイスラテやアイスモカといった冷たい飲み物も用意する。今年のカフェ大会で、サイクリストご用達カフェ大賞に選ばれたこの店には、それこそ「見て、ママ!」と自慢できるサービスがある。

左:近くの焙煎所のブレンド豆と濃厚なミルクで作るカフェラテ、2.80ポンド。 中央:シナモンバター添えのレーズンパン“チェルシー・パン”、3ポンド。 右:英国式朝食、9.50ポンド。奥はエスプレッソ、2ポンド。


Look Mum No Hands
ルック・マム・ノー・ハンズ

コーヒーを楽しむ間に自転車修理をしてくれる一石二鳥のカフェは、開店4年でサイクリストたちのメッカになっている。スピーディーなサービスも売りだ。
■ www.lookmumnohands.com

Climpson & Sons
クリンプソン&サンズ

日曜は必ずここで一服するというカップル。カフェ内でも犬同伴可能というフレンドリーさがうれしい。

 ロンドン東部のコーヒーレベルを引き上げたカフェとして有名な「クリンプソン&サンズ」。その出発点は、青空市の屋台で売るコーヒーだ。

 12年前、オーナーのイアン・クリンプソンさんは旅先のオーストラリアで出会ったコーヒー文化に触発された。帰国後、豆の輸入、焙煎を手掛け、オーストラリア仕込みのコーヒーを飲ませる屋台をブロードウエイ・マーケットで開始。流行に敏感な若者が、すぐさま、フラット・ホワイトの味を求めて押し寄せた。屋台では行列をさばききれなくなり、カフェをオープン。さらには、その勢いでカフェ近くに焙煎所も設けたほどだ。

 コーヒーは、この地区にフラット・ホワイトを紹介し、その人気に火をつけただけあり、誰にも負けない自信がある。ご自慢のフラット・ホワイトには、フルーティな味を際立たせるために生豆を水洗いしたケニア・キアワムルルを使い、濃厚なミルクとともにゆっくりゆっくりとカップに注ぐ。

左:焙煎豆をチェックするマット(右)とエリーシャ(左)。 中央:奥が焙煎所。手前はバーベキューテラス。 右:業務用カフェマシンを改造した炭火焼きグリル。

コーヒー道を追究する、オーナーの次なる夢は?

 カフェから徒歩数分の場所にある焙煎所では、毎週600キロの豆を焙煎。取引先は、国内はもちろんのこと、パリ、ベルリン、香港のカフェも。人気の高さがうかがえる。週末になると、焙煎所はバーベキューレストランに早変わり。コーヒー豆の甘い香りにとってかわり、炭火で焼く肉の煙と香りが漂ってくる。なるほど、若者や子連れの家族で賑わうはずだ。

「クリンプソン&サンズ」の成功に続けとばかり、このエリアには続々とお洒落なカフェが開業した。ブロードウエイ・マーケットの名を高めたカフェの先駆者イアンさんの次なるプランは、コーヒー・アカデミーの開校だ。豆の知識とコーヒーのいれ方を教え、皆が楽しく学べる学校にしたいと、コーヒー道普及の夢は、さらにふくらむ。

左:フェネルサラダ付き鯖グリル、13ポンド。焦げ目が香ばしい。 中央左:人気の朝食、アボカドトースト、4ポンド。ラテ、2.60ポンド。 中央右:炭火焼きのそら豆にエスプレッソがよく合う。焼そら豆&リコッタチーズ、9ポンド。エスプレッソ、2ポンド。 右:ピカイチのお味、フラット・ホワイト、2.60ポンド。

Climpson & Sons
クリンプソン&サンズ

屋台、カフェ、焙煎所、レストランと多角経営ながら、客が求めるのは一杯の美味しいコーヒー、と基本を大切にする店。来年、コーヒー・アカデミーも開校予定。
■ www.climpsonandsons.com

Timberyard
ティンバーヤード

アフォガートの大ファンという地元のカップル。

 一杯のコーヒーで、何時間も長居できる。そんな昔ながらの〝喫茶店〟を彷彿させるカフェがロンドンに登場し、フリーの在宅ワーカーや学生から強い支持を集めている。

「ティンバーヤード」には、座り心地のよいアームチェアとソファが数多く配置されているのが特長だ。常連客ともなると、お気に入りのアームチェアを自ら移動して席を陣取るほど。

 店長のクリフさんは「一杯のコーヒーで長居される方も多いのですが、食事をしっかり召し上がるお客様もいて、カフェの売り上げは安定しています。どうぞ好きなだけゆっくり滞在してください」とにっこり。

 地下にはビジネスミーティングができるデスクがあり、地下スペース全体の貸し出しのリクエストも多い。さらにうれしいサービスは、各テーブルに自由に使えるipadがあること。有料ニュースサイトへの購読登録がすでに済ませてあるため、客は無料アクセスが可能。仕事の打ち合わせにも学生たちの自習にも便利だと好評だ。

学生の人生相談にものる、親身な店長の親心。

左:フラット・ホワイト、2.50ポンド。奥はチョコボールケーキ、3.30ポンド。 右:お口直し用〝カスカーラ(コーヒーの実の果肉を煎じた飲物)〟付きのアフォガート、5.50ポンド。

左:おしゃべりに興じつつ、iPadでゴシップ検索も楽しむという。 右:イタリア人バリスタ、マリオさん。

 彼らに人気のメニュー筆頭は〝アフォガート〟。塩キャラメルアイスクリームに熱々のエスプレッソをかけていただくスイーツだ。シトラス系の酸味がはじけるエスプレッソと甘いアイスクリームのコンビは、仕事や勉強で疲れた頭にしゃきっと効くのだろう。

 また、クリフさんは「どの子がどの大学で何の勉強をしているのか把握している」と優しい目で話す。そして、ソーシャルネットワークに夢中になりすぎている学生には、親心で注意もする。時には、学生の人生相談の相手になることもあるらしい。これぞ、〝喫茶店〟であり、カフェの醍醐味! 若者を温かく見守る店長の存在こそ、一杯のコーヒーに勝るとも劣らないこの店の要なのだと確信した。

Timberyard
ティンバーヤード

iPadを無料で使えるサービスがついたカフェ。ロンドン中心地に2店舗目もオープンし、フリーランスたちが集まるコミュニティカフェともなっている。
■ www.timberyardlondon.com

1ポンド = 約174円(2014年7月現在)

取材・文 香川道子 / 写真・渡邊美佐 
更新日:2014/09/30



  • ラブドリ
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会