ホーム > コーヒー海外事情 > カフェで学ぶコミュニケーション [第2回] イタリア語 Vol.1

コーヒー海外事情

カフェで学ぶコミュニケーション [第2回] イタリア語 Vol.1

カフェは、ふらっと入ってコーヒーを飲むだけの場にあらず。個性派揃いの店主や軽妙なカメリエレ(男性給仕)と言葉を交わすだけで、滞在時間はぐっと彩り豊かになる。お国柄によって異なる、カフェでのコミュニケーションを学んでみよう。

メニューを読み解こう!

メニューはそのカフェの特徴を端的に表すもの。メニューを読み解くことは、お店とのコミュニケーションの始まりだ。

※「会話でカフェを楽しもう!」はこちら

■ ドリンクメニュー

※クリックで拡大します。

1: Caffetteria
コーヒーのメニュー:コーヒーのラインナップはさすがに豊富。いまミラノで流行しているのは“GINSENG(ジンセン)”という高麗ニンジン入りのコーヒーだ。ヘルシーなだけでなく口当たりもよく飲みやすい。

2: Bevande
飲み物:ガスなしの水は“ACQUA(アクア)”、ガス入りの水は“ACQUA GASSATA(アクア・ガサータ)”。生のオレンジを絞ったジュースは“SPREMUTA D’ARANCIA(スプレムータ・ダランチャ)”。

3: Caffè speciali
スペシャルコーヒー:スペシャルコーヒーは店によってラインナップが異なる。この店では音楽家の名前をつけたちょっと優雅なジェラート入りのデザートコーヒーのバリエーションメニュー。人気は“CAFFÈ VIVALDI(カッフェ・ヴィヴァルディ)”で、ミルク味のジェラートに生クリーム、チョコレート、ウォッカ、最後にエスプレッソをかけたもの。

4: Cocktail al caffè
コーヒーを使ったカクテル:どのカフェにあるメニューではないが、一番ポピュラーなのはアイリッシュコーヒー。エスプレッソにアイリッシュウイスキーと黒砂糖と生クリームをブレンド。

■ フードメニュー

※クリックで拡大します。

4: Panini
パニーニ:生ハム、薫製のハム、チキンとサラダ、チーズなどの素材を、バゲットやフォカッチャなどのパンにはさんだイタリア風サンドウィッチ。メニュー名は店によって違うので、はさむ素材を読んでオーダーすれば間違いない。“TRAMEZZINO(トラメッヅィーノ)”は薄切りパンで作ったサンドウィッチのこと。

5: Insalatone
大きめのサラダ:こちらもパニーニと同様に素材が明記されている。野菜をたくさん食べたいときは、いわゆるミックス・サラダを意味する“INSALATA MISTA(インサラータ・ミスタ)”を頼もう。この店のオリジナルの“CLIVATI(クリヴァティ)”は薫製の薄切り肉、ルッコラ、パルメジャンチーズ、クルミ、トウモロコシの入ったサラダ。ドレッシングはオリーブオイル、酢、塩、胡椒を混ぜて自分で作ってかけるのが普通。バルサミコ酢がほしいときは“aceto balsamico(アチェート バルサミコ)”と指示しよう。
 また、「Menu di oggi(メヌー・ディ・オッジ)」は今日の日替わりメニュー、「Pasticcini(パスティチーニ)」は小さなケーキのこと。

Pasticceria Clivati
パスティッチェリア・クリヴァティ

1969年創業、地元の人たちに愛されるお菓子屋&バール。ミラノではゆっくり座ってコーヒーとケーキを楽しめる店が少ない中、「クリヴァティ」では何を食べても美味しく、コーヒーの種類が多いため、とても人気がある店のひとつとなっている。毎日4人のケーキ職人が作る50種ほどのケーキやクロワッサンは昔ながらの素朴な美味しさだ。

Viale coni zugna 57 20144
Tel:+39-(02)89403338
www.pasticceriacateringmilano.com/

文・坂本きよえ / 写真・フランキー・ヴォーン
更新日:2013/06/25



  • ラブドリ
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会