コーヒー合衆国

受験に役立つコーヒー豆知識

レポート1 コーヒーは、受験勉強にイイ! 調査でわかった、コーヒーの知られざるチカラ

受験に役立つコーヒー豆知識 勉強で疲れたとき、コーヒーを飲んでひとやすみしたら頭がスッキリ!という経験はありませんか?実は、コーヒーに含まれるカフェインには受験生にとってうれしい効果があったのです。
東京大学大学院医学系研究科の飯野正光教授たちは、カフェインの中枢神経への作用を証明するため、学生たちの計算能力を試す実験をしています。実験では、1桁の数字を3つ足すという計算(例 7+2+5)を、1分間にどれだけできるかという測定を繰り返します。途中の休憩時間に、学生たちにカフェイン入りとカフェインレスのコーヒーを飲ませ、その後にまた計算をしてもらいます。コーヒータイム後の計算能力を比較すると、カフェイン入りのコーヒーを飲んだグループのほうが優秀でした(図1)。カフェインが計算能力をアップさせたという結果が出たのです。
京都大学大学院薬学研究科の金子周司教授たちは、カフェインが記憶力に与える影響について実験をしています。学生にカフェイン入りとカフェインレスのコーヒーを飲ませ、山の標高を覚えてもらうというものです。実験の結果、カフェイン入りコーヒーを飲んだ学生の方が、成績優秀。カフェインレスの学生に比べ5%ほど正解率が高かったのです。
眠気で勉強に集中できないときは、一杯のコーヒーを飲んだ後、20分程度昼寝をするのがおすすめです。「コーヒーを飲むと目が覚めてしまうのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、心配はいりません。なぜなら、コーヒーのカフェインが脳に届くのは、飲んでから約30分後。10分で眠りについて、20分眠れば、ちょうど起きる頃にカフェインが効いてきます。寝る前のコーヒーが、目覚めをスッキリとしたものにしてくれるのです。
出典:社団法人全日本コーヒー協会「コーヒーとからだのおいしい話」
下のボタンを押して、レポートの感想を聞かせてね!
©All Japan Coffee Assosiation