コーヒー合衆国

受験に役立つ、コーヒーレシピ

レポート2 受験に役立つ、コーヒーレシピ! もっともっと効果的に、楽しくコーヒーを飲むために

モカチーノ

コーヒーとチョコレートのW効果で集中力・記憶力UP!
チョコレートのほろ苦さのもとであるテオブロミンは自律神経を調節する作用により、リラックス効果があると言われています。
集中力を高める効果もあるので、計算能力UP・記憶力向上が期待できる『コーヒー』とのW効果で勉強の効率UPを図ってみるのはいかがでしょうか。

お菓子作ってるみたいで楽しい♪
モカチーノ 【材料】
深煎りのコーヒー:120cc
チョコレートシロップ:30cc
牛乳:60cc(中火であたため、泡立てておく)
ホイップクリーム:大さじ2杯(約32cc)
削ったチョコレート:適量

①チョコレートシロップを入れたカップに深煎りのコーヒーをカップに注ぎます。
②手なべに牛乳を入れ中火の上でホイッパーを使って泡立てます。1のカップに注ぎ入れます。
③カップにホイップクリームをのせます。
④泡立てた牛乳をスプーンを使ってのせ、削ったチョコレートをのせます。

※インスタントコーヒー(ティスプーン1杯:約1.5g)を使っても手軽に作れます。

カイザー・メランジュ

卵黄を加えて、脳がイキイキ!栄養も満点!
ビタミンC以外の必要な栄養素がすべて含まれているたまごを使った、栄養にも考慮したレシピです。
たまごに含まれる卵黄コリンは記憶力や学習能力の向上に役立つとされていますので、コーヒーと合わせると受験勉強にぴったりです。

作り方も簡単で、オススメだよ!
カイザー・メランジュ 【材料】
深煎りのコーヒー:100cc
卵黄:1個分
グラニュー糖:10g
牛乳:30cc

①手鍋に全部の材料を入れ、弱火にかけホイッパーでかき混ぜます。
②70度Cぐらいになったら、火から下ろし、カップに注ぎます。

※インスタントコーヒー(ティスプーン1杯:約1.5g)を使っても手軽に作れます。

ハニー・カフェ・コン・レーチェ

蜂蜜の力で、疲れた脳もイキイキ!さらに便秘改善効果も。
蜂蜜の主成分である果糖とブドウ糖は消化吸収が早く、即効性のエネルギー源で脳のスムーズな働きをサポートしてくれます。
他にも、蜂蜜に含まれるオリゴ糖は、腸内ビフィズス菌の増殖を促進して便秘の改善や胃の健康を維持してくれるので、胃腸にもとっても嬉しいレシピです。

作り方も簡単で、オススメだよ!
ハニー・カフェ・コン・レーチェ 【材料】
深煎りのコーヒー 80cc
泡立てた牛乳 60cc
蜂蜜 20cc

①グラスに蜂蜜を入れます。②泡立てた牛乳を入れます。③スプーンを使って泡を入れます。
④さらにスプーンを使ってグラスの縁からコーヒーを注ぎます。
(横から見ると蜂蜜、牛乳、コーヒー、泡が積み重なっているのがわかります。)

※インスタントコーヒー(ティスプーン2/3杯:約1g)を使っても手軽に作れます。

参考文献:『完全図解版 食べ物栄養辞典』(主婦の友社)

下のボタンを押して、レポートの感想を聞かせてね!
©All Japan Coffee Assosiation