Flash Playerに対応している環境でぜひ見てみてね!
いろんなコンテンツが楽しめるよ。
コーヒー合衆国
THE UNITED STATES OF COFFEE

コーヒー合衆国とは
南半球のとある海に、コーヒー豆のかたちをした島が浮かんでいます。
そこは、コーヒー合衆国。
この国の人たちはみんな、コーヒーが大好きです。
「もっとたくさんの人にコーヒーのすばらしさを知ってもらいたい!」
そう思った国民は、4人の"コーヒー親善大使"をえらび、
海の向こうへ派遣することにしました。
はたして彼女たちは、コーヒーの魅力を伝えることができるのでしょうか?

コーヒー親善大使の紹介
国民にえらばれた、4人のコーヒー親善大使。
コーヒーの魅力をたくさんの人に伝えるために、海を渡って日本にやってきました。

水野 佐彩
生年月日・・・・・・1989/10/12
血液型・・・・・・・O型
大学・・・・・・・・立教大学
好きなコーヒー・・・豆乳ラテ
コーヒースタイル・・時間ある時に本を読みながら
意気込みをひと言!
コーヒーが苦手な方も多いと思いますが、そういった方々が少しでもコーヒーを好きって思ってもらえるようにつとめたいですっ。
高野 沙季
生年月日・・・・・・1987/7/30
血液型・・・・・・・O型
大学・・・・・・・・青山学院大学
好きなコーヒー・・・カフェモカ
コーヒースタイル・・カフェでまったりする時や、大学で授業受けてる時に
意気込みをひと言!
小学生の時からコーヒー大好きなので親善大使になれて嬉しいです♪がんばります!

酒井 真由子
生年月日・・・・・・1990/3/22
血液型・・・・・・・O型
大学・・・・・・・・慶應義塾大学
好きなコーヒー・・・ミルクたっぷりのカフェラテ
コーヒースタイル・・試験勉強中はコーヒーが欠かせません!
意気込みをひと言!
もっと多くの人がコーヒーを好きになってくれると嬉しいです!

石井 栞
生年月日・・・・・・1988/11/26
血液型・・・・・・・A型
大学・・・・・・・・上智大学
好きなコーヒー・・・コーヒー牛乳
コーヒースタイル・・冬の海辺でデートしている時に、ぽいって缶コーヒーをさりげなく投げてくれた時が嬉しかった。
意気込みをひと言!
コーヒーって色んな飲み方があるから、苦手意識のあるそこのあなた!
自分の飲みやすい飲み方探しましょっ♪

親善大使が受験生を応援!
コーヒーは合格の友。
受験に役立つコーヒー豆知識
①コーヒーで計算能力アップ!
勉強で疲れたとき、コーヒーを飲んでひと休みしたら頭がスッキリ!という経験はありませんか?実は、コーヒーに含まれる“カフェイン”には受験生にとってうれしい3つの効果があったのです。
東京大学大学院医学系研究科の飯野正光教授たちは、カフェインの中枢神経への作用を証明するため、学生たちの計算能力を試す実験をしています。実験では、1桁の数字を3つ足すという計算(例 7+2+5)を、1分間にどれだけできるかという測定を繰り返します。途中の休憩時間に、学生たちにカフェイン入りとカフェインレスのコーヒーを飲ませ、その後にまた計算をしてもらいます。コーヒータイム後の計算能力を比較すると、カフェイン入りのコーヒーを飲んだグループのほうが優秀でした(図1)。カフェインが計算能力をアップさせたという結果が出たのです。
②記憶力の実験でも好結果!
京都大学大学院薬学研究科の金子周司教授たちは、カフェインが記憶力に与える影響について実験をしています。学生にカフェイン入りとカフェインレスのコーヒーを飲ませ、山の標高を覚えてもらうというものです。実験の結果、カフェイン入りコーヒーを飲んだ学生の方が、成績優秀。カフェインレスの学生に比べ5%ほど正解率が高かったのです。 ③昼寝前のコーヒーで目覚めスッキリ!
眠気で勉強に集中できないときは、一杯のコーヒーを飲んだ後、20分程度昼寝をするのがおすすめです。「コーヒーを飲むと目が覚めてしまうのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、心配はいりません。なぜなら、コーヒーのカフェインが脳に届くのは、飲んでから約30分後。10分で眠りについて、20分眠れば、ちょうど起きる頃にカフェインが効いてきます。寝る前のコーヒーが、目覚めをスッキリとしたものにしてくれるのです。
出典:社団法人全日本コーヒー協会「コーヒーとからだのおいしい話」

コーヒー合衆国認定、コーヒーのおいしい飲み方

ブラック
最初に、香りとコクを楽しむのが、
コーヒー通なんだって〜♪
ブラックって、濃くて苦い!なんてイメージが強いけど、豆の種類によって、フルーティで飲みやすかったり、華やかな香りや深いコクがあったり、色々な味わいが楽しめるんだよ。インスタントコーヒーも、最近はとってもバラエティ豊か。濃さを簡単に調節できるから、ブラックがちょっと苦手な人もトライしやすいかも!お気に入りの味を見つけたら、通っぽく香りとコクを最初に味わってみてね☆ おいしく飲むポイント
ちょっと贅沢な豆や珍しい豆を使ったりして、とことん素材にこだわってみよう!お水も硬水より軟水を使った方がコーヒーの風味が活きるよ。


カフェオレ
コーヒーとミルクが1:1。
それがカフェオレのおいしいハーモニー♡
フランスの朝食に欠かせないのが、カフェオレ。フランス語で「コーヒーとミルク」っていう名前の通り、同量の濃いめのコーヒーとホットミルクを注いでつくる、日本でも定番のコーヒーだよね。本場っぽく、ちょっと大きめのカフェオレ ボウルに入れて、フランスパンを浸しながら食べたら、気分はトレビア〜ン♪
おいしく飲むポイント
つくり方はとってもカンタン。深煎りのコーヒー※(80cc)とホットミルク(80cc)を1:1で混ぜるだけ。よくかき混ぜてね!
※少し濃いめのインスタントコーヒーでつくるのもいいよ。

カフェラテ
やさしさ満点のミルクコーヒー。
だけどカフェオレとは違うんだよ。
カフェラテはイタリア生まれだけあって、エスプレッソがベースだよ。液体状のホットミルクをメインに、泡立てたホットミルクを最後にちょっぴり加えてできあがり。泡が少ないから、アイスでも楽しめるよ。ちなみにカフェオレは深煎りコーヒーがベースだからつくるときは覚えておいてね!
おいしく飲むポイント
はじめに、ミルク(70cc)を温めながらシャカシャカ泡立てます。カップに深煎りのコーヒー※(100cc)、ミルクの順に注げば完成だよ。本格的につくるなら、エスプレッソ(30cc)とミルク(160cc)でチャレンジ!
※少し濃いめのインスタントコーヒーでつくるのもいいよ。

カプチーノ
カプチーノって、イタリア修道僧の
カプッチョ(頭巾)が名前の由来なんだよ。
本場イタリアでカプチーノといえば、エスプレッソに泡立てたミルクを加えただけのものか、それにココアパウダーを振ったもの。カプチーノってかわいい名前は、ローマ・カトリック教会の一派、カプチン修道院からきてるんだ。エスプレッソとミルクの溶け合った色が、修道僧の頭巾と法衣の色に似てたんだって。
おいしく飲むポイント
おうちで入れる時は、深煎りのコーヒー※(100cc)でもOK!
泡立ちミルクは、ミルク(60cc)を弱火にかけて温めながら、
電動の泡立て器でふんわり泡立たせてね。コーヒーとミルクをカップに注いだら、砂糖はお好みで♪
※少し濃いめのインスタントコーヒーでつくるのもいいよ。


エスプレッソ
バールで立ち飲みするのが本場流。
3口で粋に召し上がれ♪
イタリアではバールという立ち飲みスタイルの喫茶店で、エスプレッソがよく飲まれているんだよ。発祥の地だけあって味も様々で、南イタリアでは苦みが強く、北に行くほど酸味のある味わいが好まれているみたい。本場の飲み方は、大きなスプーンでたっぷり砂糖を入れて、泡をつぶさないようにさっくりかき混ぜて飲むんだよ。1杯を3口で飲むのが「通」なんだって。
おいしく飲むポイント
エスプレッソのおいしい入れ方5箇条を大発表だよ。
①エスプレッソマシンで9気圧抽出 ②90℃のお湯で抽出 ③抽出時間は20秒 ④1杯は30ccくらい ⑤コーヒーの温度は70℃、でお試しあれ!

カフェモカ
マイルドな味わいで女性に人気♡
アメリカ生まれのコーヒー。
カフェのメニューでもおなじみのチョコレートシロップ入りのコーヒーだよね。名前の「モカ」は一説によると、コーヒー豆の銘柄「モカ」がチョコレート風味をしていることに由来していると言われてるんだよ。ちなみに、アメリカ生まれなのに、イタリアでよく飲まれるエスプレッソを使うのが正式なんだ。
おいしく飲むポイント
ベースは深煎りのコーヒー※(100〜120cc)でも大丈夫。泡立てたミルク(40cc)とチョコレートシロップ(20cc)、ホイップクリーム(20cc)にココアパウダーをかけて召し上がれ。
※少し濃いめのインスタントコーヒーでつくるのもいいよ。


豆乳ラテ
コーヒー豆と大豆のコラボ!
飲めばますます元気になれそう☆
豆乳カフェラテ、っていうからにはカフェラテのつくり方をもとにしたアレンジコーヒーってことだね。やっぱりベースはエスプレッソがオススメかな。伝統のつくり方がない分、自由に楽しめそうだし、何より、メチャクチャ健康に良さそうだよね。豆乳は種類がたくさんあるから、おうちカフェでいろいろ試してみよう!
おいしく飲むポイント
豆乳(70cc)を温めながらシャカシャカ泡立てて、カップに深煎りのコーヒー※(100cc)、豆乳の順に注げばOK!イタリアでよく飲まれているエスプレッソ(30cc)と豆乳(160cc)で、つくってもおいしくできるよ。
※少し濃いめのインスタントコーヒーでつくるのもいいよ。
ウインナコーヒー
「ウインナ」とは「ウイーン風の」ってこと。
ふわふわの生クリームが浮かんでるんだよ♪
ウインナコーヒーは、オーストリア生まれのアレンジコーヒーだよ。でも、ウイーンのカフェでウインナコーヒーを探しても、メニューには載ってないから気をつけて。ホントの名前は、「アインシュペンナー」。1頭立ての馬車を操る御者という意味で、御者が主人を待つ間によく飲んでいたからこの名前がついたんだって。
おいしく飲むポイント
まず、深煎りのコーヒー※(120cc)に、お砂糖(3g)を混ぜて、その上にホイップクリーム(30g)を浮かべてできあがり。クリームの冷たさとコーヒーの熱さのギャップを楽しめるよう、かき混ぜないのが基本だよ。
※少し濃いめのインスタントコーヒーでつくるのもいいよ。

  • ブラック
  • カフェオレ
  • カフェラテ
  • カプチーノ
  • エスプレッソ
  • カフェモカ
  • 豆乳ラテ
  • ウィンナコーヒー
一覧で見る
©All Japan Coffee Assosiation