ホーム > 2016年の重大ニュース

全日本コーヒー協会からのお知らせ

重大ニュース

2016年の重大ニュース

2016(平成28)年:

1)2016年コーヒー消費量、4年連続の過去最高見込!
2)消費者の生活スタイルの多様化により、一杯型商品、ブラックコーヒー、デカフェ (カフェインレス)などが人気
3)家庭用レギュラーコーヒー市場拡大、「ドリップ男子」キャンペーンも貢献
4)国際がん研究機関(IARC)、コーヒー飲用について「人に対する発がん性について分類できない」とし、むしろ肝がんや子宮体がんに抑制機能ありと報告
5)国立がん研が「コーヒーを1日3杯以上飲むグループで脳腫瘍のリスクが低下」と 報告
6)全協に対するメディアの取材依頼過去最高、「コーヒーと健康」や「消費拡大」に 関心
7)全協主催の「10月1日国際コーヒーの日 Life with Coffee フォトコンテスト 2016」 に5,356作品の応募
8)アラビカ種コーヒー原産地エチオピア国でアフリカ初の世界コーヒー会議、全協横山敬一会長ら参加
9)創立50周年の全日本コーヒー商工組合連合会が主催する「コーヒーインストラクター検定2級」の認定者10,000人突破
10)日本インスタントコーヒー協会、ホームページを刷新。211種類のレシピコンテンツなど内容を充実
11)全協が熊本・大分地震で被災した両県に義援金


  • ラブドリ
  • 10月1日はコーヒーの日
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会